ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ

本文

新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ

更新日:2020年9月18日更新 印刷ページ表示

市長からのメッセージ

防府市民の皆様へ

本日9月9日、県立総合医療センターにお勤めの医療従事者3名の感染が確認されました(市内10例目~12例目)。 

現在、県において、感染された方の行動履歴や濃厚接触者等の調査が進められています。1日も早い御回復を心よりお祈りいたしますとともに、市民の皆様におかれましては、どうか、冷静な御対応をお願いいたします。 

日々懸命に治療に当たっている医療従事者の方々、そしてこれらの御家族の方々などに対して、誤解や偏見に基づく誹謗中傷などは、厳に慎んでくださいますよう心よりお願いいたします。 

感染者数は依然として高い水準で推移しており、県内でも8月下旬にはクラスターが発生するなど、収束の見通しはたっておりません。 

ここで、改めて、市民の皆様にお願いいたします。 

3密となる場所を避けるとともに、マスクの着用や手洗い、消毒などの基本的な感染防止対策を徹底してください。 

県をまたぐ移動に当たっては、市民の皆様自らが感染情報の収集を行い、感染リスクが高い施設の利用を避けてください。 

市民の皆様におかれましては、決して油断することなく、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を引き続き実践していただきますようお願いいたします。


 「新しい生活様式」の実践例 [PDFファイル/496KB]

 

今を乗り越えて、みんなで頑張っていきましょう。 

令和2年9月9日  

防府市長 池田豊

 

山口県の新型コロナウイルス感染症関連情報

山口県内の発生状況・県民の皆様へ・事業者の皆様へ(外部リンク) 

新型コロナウイルスに関連した感染症について(外部リンク)

相談・受診の目安

相談窓口

山口県では、新型コロナウイルス感染症に関する症状や感染予防、検査方法などの様々なご相談に対して、直通で毎日24時間、専従スタッフによる適切な助言や情報提供が受けられる専用相談ダイヤルを開設しています。

山口県新型コロナウイルス感染症 専用相談ダイヤル電話083-902-2510(毎日24時間対応)

※専用相談ダイヤルの開設に伴い、県健康増進課相談電話(083-933-3502)は、8月末をもって終了します。

※これまで連絡先としていた各健康福祉センター(下関市を含む)の帰国者・接触者相談センターの電話番号は、この専用相談ダイヤルに一元化されます。

山口県新型コロナウイルス感染症専用相談ダイヤル開設のご案内 [PDFファイル/240KB]

相談・受診の目安(受診する前に必ず連絡してください)

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。) 

☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方 

☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関や専用相談ダイヤルに御相談ください。
新型コロナウイルス対策(COVID-19)~子どものいるご家族へ~ (厚生労働省5月12日版)[PDFファイル/371KB]

お子様の乳児健診・予防接種についてはこちらをご確認ください。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休んで外出を控え、毎日、体温を測定して記録しておいてください。
  • 持病をお持ちで症状に変化がある方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

啓発資料

感染症対策チラシ

3つの密を避けましょう!

感染症対策へのご協力をお願いします [PDFファイル/729KB]

3つの密を避けましょう! [PDFファイル/1.05MB]

3つの密を避けるための手引き [PDFファイル/1.36MB]

「密閉」「密集」「密接」しない! [PDFファイル/933KB]

咳エチケットチラシ 手洗チラシ
咳エチケット [PDFファイル/692KB] 手洗い [PDFファイル/667KB]

 マスクについてのお願い [PDFファイル/244KB]

(提供:首相官邸HPより) 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)