ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ > 水道・下水道における新型コロナウイルスに関するQ&A(上下水道局)

本文

水道・下水道における新型コロナウイルスに関するQ&A(上下水道局)

更新日:2020年3月13日更新 印刷ページ表示

水道・下水道における新型コロナウイルスに関するQ&Aを作成しました

Q1:水道水から新型コロナウイルスに感染しますか?

インフルエンザや新型コロナウイルスに対しては、一般的に、塩素による消毒効果が高いと言われています。

上下水道局では、国の法令に従い、適切に塩素消毒を実施するとともに、国が定める水道水質基準に従い、安全な水を供給しておりますので、水道水を介してウイルスに感染することはないと考えられます。

Q2:「水道管に新型コロナウイルスが付着しているため、水道管を替える必要がある」と言われましたが本当に必要ですか?

水道管内にウイルスが付着することはないため、水道管を替える必要はありません。

他県で、水道局職員や水道業者を装った者から、ご質問のような内容の電話や訪問を受けた事例が発生しています。上下水道局からそのような電話や訪問をすることはありませんので、このような電話があった場合は、警察や消費生活センターに相談するなど、冷静な対応をお願いします。

Q3:上下水道局で、自宅にある下水道管について新型コロナウイルス除去を行っていますか?

上下水道局では、家庭内にある下水道管への新型コロナウイルスの除去を行うことはなく、そのような電話や訪問をすることもありません。

他県で、「家庭内にある下水道管に新型コロナウイルスが付着している」として、高額な洗浄代を請求しようとした詐欺と見受けられる事案が発生しています。このような電話があった場合は、警察や消費生活センターに相談するなど、冷静な対応をお願いします。

 Q4:下水処理場から放流される処理水に新型コロナウイルスが入っていませんか?

厚生労働省の見解では、SARSコロナウイルスはpH7~8の汚水中、6時間程度で失活することが判っており、同種の新型コロナウイルスについても、同様に失活させることが可能と考えられるとされています。

本市の下水処理場(pH7~8)での滞留時間は16時間程度ですので、失活するものと考えられます。

さらに、処理水放流前に塩素処理を行っていますので、安全性はより高いものと考えられます。

※失活とは・・・ウイルスが人に感染できなくなること

【問合せ先】
Q1~Q2、水道に関すること
水道課(Tel:0835-23-2514)

Q3~Q4、下水道に関すること
下水道課(Tel:0835-23-2534)

対策全般に関すること
総務課(Tel:0835-25-2409)