ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > セルビアホストタウン推進室 > 2月15日セルビア共和国ナショナルデーに、西洋スモモを植樹しました

本文

2月15日セルビア共和国ナショナルデーに、西洋スモモを植樹しました

更新日:2021年2月15日更新 印刷ページ表示

本市では、ホストタウン登録をきっかけに、向島運動公園の多目的広場付近にて、セルビア共和国の国花である西洋スモモの記念植樹を始めました。

今年は、セルビア共和国のナショナルデーである2月15日に、あらたに12本を植樹しました。「12」は、東京オリンピックに出場するセルビア女子バレーボールチームの選手数と同じ数です。
また、西洋スモモの植樹エリアを「セルビアの森」と名付け、この日、記念看板をお披露目しました。

西洋スモモは、春には薄いピンク色の花を咲かせ、夏には果実(プラム)が実ります。向島運動公園にお出掛けの際は、ぜひセルビアの森をお散歩してみてください。

集合写真

記念植樹の風景

記念植樹全体の風景

この日は、佐波川かわまちづくりエリア(二六台)においても、西洋スモモの植樹が行われました。
詳しくは、河川港湾課ホームぺージをご覧ください。

河川港湾課ホームページはこちら


セルビア共和国
ホストタウン推進事業実行委員会
観光・経済交流部会の活動状況
セルビア関連書籍等