ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 令和4年(2022年)4月1日からの戸籍届出について(成年年齢関係)

本文

令和4年(2022年)4月1日からの戸籍届出について(成年年齢関係)

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

令和4年(2022年)4月1日からの戸籍届出について(成年年齢関係)

 令和4年(2022年)4月1日から、民法の定める成年年齢を20歳から18歳に引き下げることなどを内容とする「民法の一部を改正する法律」が施行されました。 

 改正法の施行により、戸籍の届出についての取扱いも変更されています。

 法務省 民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について(外部サイト)

婚姻届について

 令和4年(2022年)3月31日まで、婚姻開始年齢(婚姻することができるようになる年齢)は、男性18歳、女性16歳とされていました。 

 令和4年(2022年)4月1日からは、女性の婚姻開始年齢が18歳に引き上げられ、男女とも18歳にならなければ婚姻することができなくなりました。 

婚姻開始年齢
  令和4年(2022年)3月31日まで 令和4年(2022年)4月1日から
男性 18歳 18歳
女性 16歳 18歳(注釈1)

(注釈1) 

 ただし、経過措置として令和4年(2022年)4月1日時点ですでに16歳以上の女性(誕生日が平成18年(2006年)4月1日までの女性)は、引き続き、18歳未満でも婚姻することができます。

 詳しくは、市民課戸籍係(0835-25-2309)にお問い合わせください。

養子縁組届について

 令和4年(2022年)3月31日まで、養親となることができる者は、「成年に達した者」とされていました。 

 令和4年(2022年)4月1日からは、養親となることができる者は「20歳に達した者」とされ、成年年齢の引下げ後も、養親となることができるのは20歳以上の方です。

戸籍届書の証人について

 婚姻届や協議離婚届などの届出には、「成年」の証人が必要です。 

 令和4年(2022年)4月1日からは、成年年齢の引下げにより、18歳から証人となることができるようになりました。

分籍届について

 分籍をすることができる者は、「成年に達した者」とされています。 

 令和4年(2022年)4月1日からは、成年年齢の引下げにより、18歳から分籍をすることができるようになりました。