ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > インフルエンザを予防しましょう

インフルエンザを予防しましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月15日更新

インフルエンザを予防しましょう

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。感染している人のせき、くしゃみ、つばなどに含まれるウイルスを吸い込むことによって感染(飛沫感染)します。そのほか、ウイルスが付着したものを触った手で口や鼻の粘膜に触れることでも感染(接触感染)が広がると考えられています。
 

インフルエンザ(発症者)の症状

のどの痛み、鼻汁、せき、38度以上の発熱、頭痛、関節や筋肉の痛みなど全身症状が突然現れます。

インフルエンザを防ぐためには?

インフルエンザには、軽症の人や上記症状を示さない例も多いため誰が感染しているかわかりません。一人ひとりが意識して、予防に取り組みましょう!!

  1. 咳エチケットを心がけましょう(ウイルスを撒き散らさない)
    症状の有無に関わらず、人に感染させないためには、マスクの着用が有効です。せき・くしゃみの際には、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけるなどのエチケットに努めましょう。
  2. 手洗いを徹底しましょう
    手指などに付着したインフルエンザウイルスを除去するために手洗いは重要です。
  3. その他
    空気の乾燥によりのど粘膜のウイルスに対する防御機能が低下するため、外出時はマスクを利用しましょう。室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。
    日頃からバランスのとれた食事をとることが大切です。
    インフルエンザワクチンを接種することで、感染した場合の重症化予防に有効といわれています。

65歳以上の高齢者の定期予防接種は、2月末まで予防接種実施医療機関で接種することができます。(自己負担金:1460円)
高齢者以外のインフルエンザ予防接種は、任意接種となり、医療機関ごとに接種料金が異なります。

インフルエンザ予防接種のお知らせ(65歳以上の人の予防接種について詳しくはこちらをご参照ください)