ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 河川港湾課 > 新築地町防災広場(防災機能)のご紹介

本文

新築地町防災広場(防災機能)のご紹介

更新日:2020年8月19日更新 印刷ページ表示

概要説明

この新築地町防災広場がある三田尻中関港の三田尻地区は、大規模地震など内陸型災害時の防災拠点として位置づけられています。道の駅『潮彩市場防府』の西側にある耐震強化岸壁とその周辺緑地が緊急物資の輸送や備蓄などをおこなう区域になります。

防府市では被災直後の一時帰宅困難者を受け入れるための施設として、また救援物資等の荷捌きに従事する方らを後方支援するためにこの防災広場を整備いたしました。

平常時には多様な世代の方々から愛され、憩うことのできる場所として、瀬戸内の海からメバルやタコなどをモチーフにした遊具を採用しました。メバルはとても目が良い魚から、普段は、元気な子供たちを、また災害時には被災者や従事者をいつも目を配っている・見張っている(⇒めばる)という意味が込められています。

 

防災エリア区域図

鳥瞰図

防災機能

gaiyousetumei1

gaiyousetumei2

 

よくあるお問い合わせ

 メバル公園の防災施設に関するよくあるお問い合わせはコチラから

開園時期(予定)

≪当初≫令和2年夏

≪変更後≫ 令和2年11月上旬

※防災施設の運用は開始しております。