ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 政策推進課 > 初めて申請する人の手続き(高齢者等バス・タクシー運賃助成)

本文

初めて申請する人の手続き(高齢者等バス・タクシー運賃助成)

更新日:2024年2月8日更新 印刷ページ表示

初めて申請する人の手続き(高齢者等バス・タクシー運賃助成)

運転免許を持たない高齢者等に対して、路線バス・タクシーの運賃の一部を助成しています。
これまで(平成29年度~令和5年度)に高齢者等バス・タクシー運賃助成を受けたことがある人は、手続き方法や必要なものが異なります。詳しくは、こちらをご覧ください。

申請手続きに必要なもの

70歳以上で運転免許を持っていない人

本人が申請する場合
  • 身分証明書(マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 障害者手帳(原本、お持ちの方のみ)
    ※複数の手帳をお持ちの方は、お持ちの手帳すべてを持参してください。
代理人が申請する場合
  • 委任状(申請書に委任欄が設けてあります。)
  • 代理人の身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 助成対象者の障害者手帳(原本、お持ちの人のみ)
    ※複数の手帳をお持ちの方は、お持ちの手帳すべてを持参してください。
  • 助成対象者の顔写真(本人の顔がはっきりわかるもの(無帽・正面)であれば、証明写真でなくても構いません。)

65歳以上で運転免許をすべて自主返納した人

本人が申請する場合(最初からお持ちでない方は70歳までお待ちください。)
  • 身分証明書(マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 運転免許証の自主返納証明(運転卒業サポート手帳や運転卒業証など)
  • 障害者手帳(原本、お持ちの人のみ)
    ​※複数の手帳をお持ちの方は、お持ちの手帳すべてを持参してください。
代理人が申請する場合
  • 委任状(申請書に委任欄が設けてあります。)
  • 代理人の身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 助成対象者の運転免許証の自主返納証明(運転卒業サポート手帳や運転卒業証など)
  • 助成対象者の障害者手帳(原本、お持ちの人のみ)
    ​※複数の手帳をお持ちの方は、お持ちの手帳すべてを持参してください。
  • 助成対象者の顔写真(本人の顔がはっきりわかるもの(無帽・正面)であれば、証明写真でなくても構いません。)

心身障害者福祉タクシー利用券(福祉タクシー助成)の交付対象の人

交付対象者(以下の手帳のいずれか、または複数をお持ちの方)
  • 身体障害者手帳1級~3級
  • 療育手帳A
  • 精神障害者保健福祉手帳1級
本人が申請する場合
  • 障害者手帳(原本)
    ​※複数の手帳をお持ちの方は、お持ちの手帳すべてを持参してください。
代理人が申請する場合
  • 助成対象者の障害者手帳(原本)
    ​※複数の手帳をお持ちの方は、お持ちの手帳すべてを持参してください。
  • 委任状(申請書に委任欄が設けてあります。)
  • 代理人の身分証明書(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
  • 助成対象者の顔写真(本人の顔がはっきりわかるもの(無帽・正面)であれば、証明写真でなくても構いません。)

※福祉タクシー助成と、高齢者等バス・タクシー運賃助成の両方を受けることはできません。いずれか一方のみの助成を受けられます。

申請場所・日時

市役所1号館1階  政策推進課で受付を行っています。
初めて申請される方の出張所・公民館での受付はありません。