ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 「市民の声」の公表/詳細/市政一般/令和3年6月

本文

「市民の声」の公表/詳細/市政一般/令和3年6月

更新日:2021年8月5日更新 印刷ページ表示

「市民の声」の公表(詳細)

件名

JR西日本のダイヤ改正について

受付年月

令和3年6月

提言の要旨

JR西日本の3月のダイヤ改正で、山陽本線の下関から徳山までの列車の運行本数が昼間が、30分に1本程度だったのが1時間に1本となり、乗り換えも不便となった。山口線、宇部線は、ダイヤ改正後減ってないのに、なぜ山陽本線が減るのか。昼間のダイヤを元の30分間隔に戻してほしい。
JR西日本に利便性の維持の申し入れをしてほしい。

回答の要旨

   山陽本線の運行本数につきましては、本年3月のダイヤ改正により、防府駅において、上り・下りそれぞれ4本ずつ減少し、上りが28本、下りが27本となっております。
   こうした中、本年3月に策定しました第5次防府市総合計画において、市や交通事業者などの適切な役割分担のもと、持続可能な公共交通の構築に努めることとしております。
   現在、少子高齢化や自家用車に依存した生活スタイルの定着等により、公共交通の利用者は減少傾向にあります。加えて、新型コロナウイルス感染症に伴う移動の制限もあり、交通事業者の経営を取り巻く環境は、一段と厳しさを増しています。
   このような状況にありますが、公共交通は、市民の皆様の生活に直結した大切な移動手段として欠かすことのできないものでございます。
   御提言いただきました鉄道につきましては、広域的に運行されており、運行本数や利便性の向上等について、市単独で解決することは困難であることから、県、関係市町と連携し、西日本旅客鉄道株式会社に改善を図っていただくよう、要望いたしております。
   引き続き、市民の皆様が利用しやすい公共交通サービスの確保に向け、様々な機会を捉えて、県、市長会を通じて粘り強く要望してまいります。

内容に関するお問い合わせ先

地域交流部地域振興課(4号館3階)
電話:0835-25-2119Fax:0835-25-2558