ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > コンタクトレンズによる眼障害にご注意ください

本文

コンタクトレンズによる眼障害にご注意ください

更新日:2021年9月21日更新 印刷ページ表示

コンタクトレンズによる眼障害にご注意ください

コンタクトレンズの使用者は全国で1,500万~1,800万人ともいわれ、国民の約10人に1人がコンタクトレンズを装用していると見込まれます。また、カラーコンタクトレンズは、おしゃれアイテムの一つとして定着してきており、コンタクトレンズの市場全体で近年拡大傾向が見られます。
しかし、一方で、コンタクトレンズは視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズも含めて医療機器(高度管理医療機器)であり、適正に使用しなければ眼障害を引き起こす可能性があり、実際に事故情報が多く寄せられています。重篤な眼障害を引き起こさないためにも、コンタクトレンズを使用する場合は、以下の点に注意し、正しく使用しましょう。

(1)購入する際は、カラーであっても、まず眼科医を受診し、自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらい、定期検診の頻度を決めてもらいましょう。
(2)使い方を守り、適切なレンズケアを行いましょう。
(3)目の充血や異物感、痛み、まぶしさ、かゆみなどの異常を感じたら、すぐにレンズを目から外し、直ちに眼科医に相談しましょう。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)