ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 磁石や吸水樹脂ボールの誤飲にご注意ください

本文

磁石や吸水樹脂ボールの誤飲にご注意ください

更新日:2022年3月31日更新 印刷ページ表示

磁石や吸水樹脂ボールの誤飲にご注意ください

小さな子どもがネオジム磁石製のマグネットボールやキューブ、水で膨らむ吸水樹脂ボールを含む樹脂製品を誤飲し、開腹手術等が必要となった事故が全国で多く発生しています。
マグネットボール、キューブは磁力が非常に強く、2個以上飲みこむと磁石同士が腸管を挟み込んだ状態となり、自然に排泄されなくなることがあります。時間がたつと腸管に穴があき、開腹手術や大がかりな処置が必要となります。場合により、生死に関わることがあります。また、吸水樹脂ボールを含む水で膨らむ樹脂製品を誤飲した場合、幽門を通過した後、腸の中で大きく膨らんで、腸閉塞を起こす危険性があり、樹脂製品はレントゲンやCT等の放射線画像に写りにくい性質があるため、誤飲したという情報がなければ、対応が遅れるおそれもあります。
誤飲事故を防ぐため、子どもの身の回りにある物の危険性を認識することに加えて、子どもの発達や行動特性を知り、事故を防ぐための環境を作りましょう。もし、少しでも誤飲が疑われる場合には、すぐに医療機関を受診してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)