ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 広報広聴課 > 家庭用蓄電池の勧誘トラブルにご注意ください

本文

家庭用蓄電池の勧誘トラブルにご注意ください

更新日:2021年6月9日更新 印刷ページ表示
家庭等で利用する据置型蓄電池(以下「家庭用蓄電池」という。)に関する相談が全国の消費生活センター等に寄せられおり、近年増加傾向にあります。

相談事例としては、事業者の突然の訪問等をきっかけに「この値段は今日限り」等と家庭用蓄電池の購入を急かされたり、長時間勧誘され、冷静に十分な検討ができないままその場で契約しているケースが目立ちます。また、訪問時に電力会社の関連会社をかたられたり、太陽光発電設備の無料点検で訪問した事業者に、家庭用蓄電池を勧誘されているケースもみられます。

〇相談事例
(1)既に太陽光発電設備を導入している消費者に対して
・以前太陽光パネルを契約した事業者に契約金額等について十分な説明なく勧誘された
・「今なら工事費、設置費無料」等と長時間勧誘された
・事業者から「補助金の申請は代行する」と説明されたが実際は申請されていなかった
(2)太陽光発電設備を導入していない消費者に対して
・電力会社の関連会社を名乗る事業者に「電気料金が安くなる」と勧誘された
・「安くできるのはあと2件」等と急かされ、よく検討せずに契約してしまった

〇相談事例からみる特徴と問題点
・契約のきっかけは主に事業者の突然の訪問で、虚位の説明をされているケースも
・事業者の断定的な説明や強引な勧誘により、冷静に十分な検討ができないケースも
・契約後の設置工事や補助金をめぐるトラブルも

〇消費者へのアドバイス
・事業者の突然の訪問に対しては、事業者名や目的等をしっかり確認しましょう
・家庭用蓄電池導入のメリットだけではなく、それに伴うコストも十分考慮しましょう
・必ずしも余剰電力の売電より自家消費する方が経済的なメリットが大きいとは限りません
・その場で契約をせずに複数社から見積もりをとり比較検討しましょう
・契約するときは契約書の内容をしっかり確認しましょう
・トラブルになったときは防府市消費生活センターまたは「188(消費者ホットライン)」等にご相談ください