ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 入札検査室 > 【令和2年4月1日施行】建設コンサルタント業務等最低制限価格制度(試行)を実施します。

本文

【令和2年4月1日施行】建設コンサルタント業務等最低制限価格制度(試行)を実施します。

更新日:2020年3月19日更新 印刷ページ表示

建設コンサルタント業務等最低制限価格制度(試行)を実施します。

 建設工事に伴う業務委託において、ダンピング受注により、下請業者へのしわ寄せ、労働条件の悪化等が生じることを防止し、適切な契約の履行をするため、既に建設工事の入札において実施している入札時における最低制限価格制度を導入します。

1. 最低制限価格制度の対象となる業務

市が発注し、入札に付する業務のうち、設計金額が700万円を超える次の業務
 ・測量業務
 ・建築関係建設コンサルタント業務
 ・土木関係建設コンサルタント業務
 ・地質調査業務
 ・補償関係コンサルタント業務

※見積合せ並びに一者随意契約によるもの及び設計金額の全てを見積りにより算出した業務は、対象外です。

2. 関連要綱等

なお、要領は、建設工事等入札関連要綱等にもあります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)