ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 職員課 > 先輩職員からのメッセージ

本文

先輩職員からのメッセージ

更新日:2019年6月3日更新 印刷ページ表示

 先輩職員からのメッセージ

事務秋本

地域交流部市民活動推進課

秋本瑛美(一般行政事務)

【平成29年度入所】

「市民活動推進」という言葉から、みなさんは何を想像されるでしょうか? 
私は、平成29年度に入所し市民活動推進課に配属され、今年で3年目になります。主に自治会や地域振興の仕事を担当しており、国際交流にも携わっています。 

 自治会振興としては、各種補助金の交付や自治会長会議の準備をし、スムーズな運営ができるようお手伝いをすること、地域振興としては過疎・高齢化の進む地域に入り込み、その地域を活性化しようとする団体のお手伝いをしています。国際交流事業では、イベント等で外国の方の対応をしたり、簡単な翻訳をしたり、自身の留学経験を活かすことができています。 

 幅広く、市民の活動を推進していくこと、が私の職務内容です。一見市役所らしくない仕事ですが、窓口や電話対応も多くあります。この課でなければ経験できないこともたくさんあり、人生に役に立つことを吸収できる、大変恵まれた職場だなと感じます。 

 一緒に防府市を盛り上げていきましょう、みなさんと働ける未来を楽しみにしています。


土木尾中

産業振興部農林漁港整備課

尾中雄飛(土木技術)

【平成29年度入所】

私が入所したのは平成29年度で、今年で3年目となります。 

所属は、農林漁港整備課の漁港整備係です。農林漁港整備課では、農村、漁港、森林に分かれており、仕事内容はそれぞれ違います。漁港整備係では、漁港施設の修繕工事や老朽化調査等の設計積算と工事の監督員を行っています。 

私は転職して防府市役所に入所したのですが、前職の業務内容や大学で学んだ事と全く関係のない仕事内容だったのでゼロからのスタートでした。初めはちゃんと仕事が出来るか不安しかありませんでした。しかし、上司や先輩方が細かいところまで丁寧に教えてくださるので、なんとか仕事が出来るようになりました。まだまだ未熟で教わることが多いですが、質問しやすい職場環境なので、安心して仕事が出来ます。土木の仕事は、地域の方々に喜んで頂けたり、施工したものが形として残るので大変やりがいがあります。 

皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。


建築橋本

総務部総務課

橋本秀幸(建築技術)

【平成27年度入所】

私は平成27年度に建築技術職として入所しました。入所してからは、公共建築物における改修工事の設計・監理、市営住宅の管理および公共の補償業務を行っています。自分が携わった工事では、目に見えるかたちで残るため、やりがいを感じることができます。 

「建築」という私たちの生活の根幹に関わる職種で、それゆえ幅広い知識が必要となりますが、職場の上司や先輩方に教えを請いながら、日々業務に励んでいます。優しく、わかりやすく教えてくださり、周りの方にはとても感謝しています。 

経験の積み重ねが自身のスキルアップにつながりますが、技術職員だからといって技能のみを追求するのではなく、「調整力」や「やり切る力」も必要な能力だと思います。建築の分野から地域貢献のお手伝いができることもこの職の魅力だと感じています。 

防府市役所の職員の一員として、皆さんと共に働ける日をお待ちしております!!


電気石井 

上下水道局下水道課

石井俊成(電気技術)

【平成30年度入所】

私は、平成30年度に電気技術職としてUターンで入所し2年目となります。現在は、上下水道局下水道課に配属され、下水道の処理施設や雨水によるまちの浸水や冠水を防ぐための施設の設計積算、維持、工事監督等の業務に携わっています。この仕事を通じ、まちの安心、安全を守る一役を担えていることにやりがいを感じています。職場の雰囲気は、気さくで頼れる先輩方々が多く、わからないことや困ったことがあれば親身に相談にものってくれます。 

防府市には様々な部活動があり、私は野球部に所属しており、仕事終わりにスポーツで汗をながしリフレッシュするとともに他課の先輩や同僚ともスポーツを通して交流を深めることができ、公私ともにメリハリのついた、とても充実した日々を送れています。 

また、防府市には山、川、海すべての美しい自然を楽しめ、美味しいご当地料理もあります。防府市に入所するまでは、知らなかったイベントも多々あり、こういった良いところも見つけ広めることや作っていけることができる仕事だと思っています。 

ぜひ、防府市を一緒に盛り上げていきましょう!


化学岸本 

生活環境部生活安全課

岸本正義(化学技術)

【平成24年度入所】

私は平成24年度に化学技術職員として入所し、生活安全課に所属しています。 

生活安全課での業務としては、地球温暖化対策のイベント運営、小学生向けの環境学習教材の作成、有識者等で構成する環境審議会の運営、市内にある工場の排水や排ガス調査、各地域の騒音測定など多岐に渡ります。 

その他に、様々な公害に関する相談(水質汚濁、騒音等)を市民の方から受け、対応する部署でもありますが、経験豊富な職員と共にチームで対応するので、新入職員の頃もとても心強かったです。 

また、生活安全課の業務は、自分一人で成し遂げることは難しく、多くの方々の協力を得て成り立っていますので、そういった多くの関係者と達成感を分かち合うことができるというのも醍醐味だと思っています。 

化学技術職員は、生活安全課の他に、上下水道局やクリーンセンターの施設管理においても活躍しています。 

とても守備範囲の広い職種ではありますが、自分自身を成長させてくれる業務が多く、とてもやりがいのある仕事です。 

防府市の環境について共に考え、より良い街づくりに取り組みましょう。皆さんと共に働ける日を心待ちにしています。


機械永田 

生活環境部クリーンセンター

永田隆輔(機械技術)

【平成23年度入所】

私は平成23年度に入所し、上下水道局下水道整備課施設係に7年間所属して、現在はクリーンセンター施設管理室調整係に配属されて2年目になります。 

私の仕事は、し尿処理施設、浄化センターやポンプ場等の機械設備新設・改築工事に関する機械仕様決定や発注書類作成、発注後の工事監理、工事完了後の施設維持管理に取り組んでいます。工事後、設置された機器は長期間にわたり運転していくため、仕様決定や工事監理をしっかり考えて進めていかないと、機械の運転や維持管理に影響します。とても責任が掛かる仕事である反面、自分が担当した機械が正常に働くことで、市民の皆さんの安全で安心な生活を維持することができ、とてもやりがいのある仕事です。その他にも、契約事務、イベント開催や見学対応等に取り組むこともあり、色々な知識や経験を得ることができます。 

機械技術職として、防府市で活躍してみませんか。


保健師澁田 

健康福祉部健康増進課

澁田陽仁美(保健師)

【平成30年度入所】

私は平成30年度に入所し健康増進課(防府市保健センター)に配属されて2年目になります。入所当初は分からないことが多く諸先輩方に助けられながら業務を遂行する日々の中、改めて保健師の職域の幅が広いことを実感しています。 

業務の中で、市民の窓口相談や家庭訪問では、様々な価値観や考え方に触れながら、市民目線で考えていくことで、柔軟な発想力を身に付けることができます。 

時に、難しい課題に直面することがありますが、困ったときは先輩方や上司に相談し、一緒に悩みながら解決していくことで専門職として必要な着眼点や考え方などを学ぶことができます。 

私は子育て中の身ですが、働く女性の健康問題や子育て上の悩みに対しても職場の理解が十分に得られることから安心して仕事と子育てを両立することができています。 

防府市職員を目指される皆さん。是非、一緒に生涯を通してやりがいを持って働ける素敵な職場で共に働きましょう。


保育士平野 

健康福祉部子育て支援課

平野里緒(保育士)

【平成30年度入所】

私は平成30年度に入所し、今年で2年目になります。現在は5歳児クラス、年長さんの担任をしています。 

保育所では子どもと一緒に体を動かして遊んだり、海に散歩に行ったり色々なことをしています。畑を作って野菜を植えたり、その畑で育った野菜を使ってクッキングをしたり様々な行事もあります。そんな保育所ではあっという間に1日が終わってしまいますが、子どもと過ごす時間はとても楽しく毎日充実した日々を過ごしています。子どもと関わる中で悩んだり迷ったりすることもありますが、経験が豊富な先輩の先生方に助けていただきながら仕事をすることができています。 

また、これまで防府市に住んでいながら参加したことがなかった女神輿や総踊りなどの行事にも参加させていただき、保育の仕事とはまた違った楽しさを感じることもできています。 

みなさんと防府市の保育士として一緒に働ける日を楽しみにしています。