ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 新庁舎推進室 > 新庁舎免震装置の市民見学会を開催しました

本文

新庁舎免震装置の市民見学会を開催しました

更新日:2023年7月18日更新 印刷ページ表示

令和5年7月15日(土曜日)・16日(日曜日)に、免震装置の市民見学会を開催しました。工事現場に立ち入り、間近で見学できる希少な機会でもあり、約200人(うち小学生以下約50人)が参加されました。

当日は、免震装置についての説明・工事現場見学・免震体験車による揺れ方体験等を行い、皆さん熱心に説明を聴いておられました。

免震装置についての説明

新庁舎の建設状況や免震構造について説明している写真です。免震装置の説明をしている写真です

新庁舎建設工事の概要説明に続き、免震装置のはたらき・構造・製造工程等について、VTRを観ながら説明が行われました。

工事現場の見学

免震装置を見学している写真です工事現場内を見学している写真です

工事現場(免震ピット)に入り、設置された免震装置の実物に触れながら、免震装置の動きや設置状況についての説明が行われました。
また、タワークレーンなど、工事現場特有の設備・装置類についても説明を行い、多くの質問が寄せられていました。

免震体験車による地震の揺れ方体験コーナー​

免震体験をしている写真です免震体験車の写真です

東日本大震災や阪神淡路大震災の地震の揺れを再現できる免震体験車に乗車しました。
免震装置がない場合とある場合の建物の揺れを交互に体験し、免震装置の効果を実感していただきました。​

 

工事車両展示・体験等

高所作業車に乗車している写真ですぶっちーがお出迎えしている写真です

そのほか、高所作業車の体験試乗、ショベルカーや防災用品の展示等を行いました。