ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 > 新型コロナワクチンの初回接種(1・2回目)(12歳以上)

本文

新型コロナワクチンの初回接種(1・2回目)(12歳以上)

更新日:2024年1月15日更新 印刷ページ表示

≪重要なお知らせ≫


​​新型コロナワクチンを「自己負担なし」で接種できる期間は令和6年3月31日までです。「自己負担なし」での接種をご希望の方は、早めに医療機関(くらしげ整形外科)で予約してください。

(1回目の接種から3週間後に2回目を接種して初回接種が完了となります。)

4月1日以降の接種は自己負担が発生します。詳しくは「令和6年度の新型コロナワクチン接種について」をご覧ください。

- 目次 -

初回接種(12歳以上)の概要

接種券の発送

使用するワクチン

接種場所・予約方法

その他

初回接種(12歳以上)の概要

対象者

12歳以上で、1回も接種をしていない方、または1回目のみ接種済で2回目が未接種の方

実施時期

令和6年3月31日まで

接種費用

自己負担なし(無料)

接種回数

通常、3週間の間隔をおいて2回接種します。

接種券の発送

​小児(5~11歳)の接種券が届いた方について、未接種のまま12歳になった方は、お手元にある接種券を引き続き使用して接種できます。

使用するワクチン

ワクチン 対象年齢 接種間隔 説明書

ファイザー社

オミクロン株(XBB.1.5)対応の1価ワクチン

12歳以上 3週間の間隔をおいて2回接種

説明書 [PDFファイル/593KB]

説明書(12~15歳のお子様の保護者の方) [PDFファイル/719KB]

 

12~15歳の方が接種を受けるには保護者の同意が必要です。

接種を受ける場合は、予診票の署名欄に保護者の氏名を署名してください。

他のワクチンとの接種間隔

インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。(インフルエンザワクチンの接種については、直接医療機関へお問い合わせください。)

前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として、2週間以上間隔をあけて接種することとなります。

コロナワクチンの交互接種について

1回目と2回目の接種では、原則として同一のコロナワクチンを接種する必要がありますが、場合により、1回目と異なるワクチンを2回目に接種すること(交互接種)も可能です。

接種場所・予約方法

ファイザー社オミクロン株(XBB.1.5)対応の1価ワクチン

市内の医療機関(1か所)で個別接種を行っています。

  • くらしげ整形外科クリニック(田島1490-1)

くらしげ整形外科クリニックに直接電話または来院して予約してください。

  • 電話番号:0835-25-0076

その他

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)