ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

トップページ > 防府市上下水道局 > 施工体制の適正化に関する要領及び様式を制定しました

施工体制の適正化に関する要領及び様式を制定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

施工体制の適正化に関する要領及び様式を制定しました

 防府市上下水道局では、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の主旨に則り、上下水道局発注工事における施工体制の適正化を図るため、平成30年4月から、下記のとおり入札・契約関連要領及び様式等の整備を行い、適用することとしますのでお知らせします。

 施工体制の適正化に関する要領及び様式の制定等について  [PDFファイル/271KB]

1 制定要領

 防府市上下水道局建設工事における「施工体制の適正化」に関する事務取扱要領 [PDFファイル/856KB]

2 制定様式

 (1) 下請予定表

 契約書提出時に契約関係書類(配置技術者選任届等)と併せて入札検査室に提出してください。

 (2) 防府市内下請業者を使用しない理由書

 市内に本店又は主たる営業所を有しない業者(市外業者)を使用する場合は、下請工事着手前に本様式を作成し、工事監督員へ提出してください。

3 改正様式

 以下の様式については、一部記載内容等を改正していますので、御確認ください。



4 適用日

 平成30年4月1日以降、指名通知又は公告を行う建設工事に適用します。ただし、平成30年3月31日以前に指名通知又は公告を行った建設工事については、引き続き、下請負人届の提出及び改正前の様式での取り扱いとなりますので、御注意ください。

上下水道局の入札・契約情報はこちら