ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 野島漁村センター(出張所) > 茜島日記(平成25年7月)

茜島日記(平成25年7月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月18日更新

魚イラスト茜島日記魚イラスト

”ご挨拶”

平成20年にスタートした『茜島日記』、早いもので6年目の春を迎えました。

今後も初代編集長、二代目編集長の思いを引き継ぎ

瀬戸内海国立公園に浮かぶ小さな島、野島の今を発信して行こうと思います。

「おいでませ野島へ、まっちょりますよ野島で」

過去の茜島日記

niji「レインボーあかね」運航時刻表

toudai野島の最新気象データanntena☆徳山海上保安部Micsへリンク


魚イラスト茜島日記魚イラスト

月日

曜日

出来事

魚イラスト 魚イラスト 魚イラスト

7月31日

水曜日

”晴れ時々曇り”南西のち南の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島はよく晴れてとても暑いです。

”モンロー市交換留学生乗船中”市内に滞在中の留学生5人と防府市市民活動推進課職員たちでお昼には津久美が浜でバーベキューを楽しむ予定だそうです。

ryuugakusei今朝の便にて

”釣り情報”今朝の便でお二人お見えです。お昼に新波止へ伺うと「全然釣れてないし、こう暑くてはかなわんねぇ・・」と二人して口を揃えて仰っていました。午後、野島港桟橋から釣り糸を垂らしている方からも「何も釣れていません」とのお返事でした。桟橋から海を覗くとイシダイが泳いでるのが見えるのですが「見える魚は釣れない」というのは本当のようです。

turibito

お昼の新波止にて

7月30日

火曜日

”津久美が浜海水浴場”天気が不安定なためか、海水浴客が見当たりません。静かな海水浴場です。青い海が皆さんを待っています。

tukumi

防府市職員によって、津久美が浜海水浴場のパーゴラ脇に植えられた琉球アサガオが、元気よく竹竿を登ろうとしています。早く登らないと夏が通り過ぎてしまうぞ。

asagao

”釣り情報”本日は、イシダイ狙いの常連さんが、お一人です。「釣れなくても来るんだ。」と言われていました。きっと、海が好きなんでしょう。

7月29日

月曜日

”曇りのち雨”東の風、波の高さ50センチの予報。激しい雨で暑さは少し和らいだものの、吹く風が湿気を孕んで蒸し暑く感じます。

himawariセンター東側に咲くヒマワリ。雨続きのせいか、寂しそうに見えます。

”釣り情報”今朝の便にはどなたもいらっしゃいませんでした。その代わり元気な男の子たち5人が浮き輪を持って乗船していました。

tabako

今は商店が一軒もない野島ですが、以前は煙草屋さんもあったようです。

7月26日

金曜日

”雨のち曇り”南西のち西の風、波の高さ50センチの予報。出勤時は雷を伴った激しい雨でしたが、昼前ごろから晴れ間が見えるようになりました。

”ガザニア”6月に短期講座講師として来島した、市都市計画課職員がセンター前花壇に植えた、ガザニアの花が咲きました。

gazania

”釣り情報”今朝の便にはどなたもいらっしゃいませんでした。残念ながら釣り情報は開店休業となりました。

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
27日土曜日中潮11時38分5時45分
28日日曜日中潮12時28分6時28分

”追伸”昨日はパソコンに不具合が生じたため、画像の添付が出来なくなり、写真のない寂しい頁となっております。

7月25日

木曜日

”写真コンテスト”野島海運は、防府市の離島「野島」の魅力を再発見し、地域と航路の活性化を図るため、写真コンテストを開催しています。期間は平成25年7月15日~平成25年8月23日です。詳細は、防府市ホームページ企画政策課の中に掲載されています。野島海運の市川さんのコメント「多くの方に参加応募していただき、我々の気付かない野島の魅力を教えて頂きたい。」

”釣り情報”本日の釣人は、朝の便でお一人、昼の便でお二人が来られました。朝の便の釣り客さんは、サンバソウ、カサゴ、アジ等の五目釣りでした。「野島は、何がつれるかわからないので楽しい。」と言われてました。

7月24日

水曜日

”晴れ”南西のち西の風、波の高さ50センチの予報。今日も良く晴れて暑い野島です。

”三田尻中関港整備事業”出勤の船の中から西防波堤の延長工事の様子を撮影しました。

teibou

”釣り情報”暑さのせいか、今朝の便にはどなたもいらっしゃいませんでした。

”水質検査”県の保健所から津久美が浜海水浴場の水質検査のため、職員がお二人来島されました。午前と午後1回ずつ汲み上げた海水を持ち帰られてから検査されるとのことです。

kennsakitto

7月23日

火曜日

”津久美が浜海水浴場”津久美が浜海水浴場の施設の紹介をします。写真右から休憩棟、トイレ、炊飯棟その奥がシャワー棟です。無料開放しています。みなさまのお越しを待っています。

kaisuiyokujou

”つり情報”本日の釣り人は三人で、お二人はアジ狙いで、お一人は石鯛狙いです。石鯛は、竿にあたりがあるが食わない。石鯛が小さいのだろうと言われてました。宇部からの常連の釣り人は、新波止先端の灯台の日陰で、読書をされていました。優雅なつりです。釣果は小アジ20匹程度です。(写真)

aji

7月22日

月曜日

”津久美が浜海水浴場”さあ夏休みだ!津久美が浜海水浴場はトイレ、シャワー、炊飯棟、休憩棟すべて整備し無料開放して、みなさんのお越しを待っています。野島のきれいな海で、ひと夏の想い出を作ってください。

tukumigahama

”つり情報”暑い夏で魚釣りもたいへんですが、本日の釣り人は、お一人です。写真は、まき餌に集まる黒いスズメダイとその上を泳ぐサヨリの大群です。サヨリ釣りの方は、チャンスです。

sayori

7月19日

金曜日

”晴れ時々曇り”西の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島は蒸し暑く、不快指数が高い感じです。

”映画教室”今回は午前と午後の2回開催としました。午前中は宣伝不足だったせいか、鑑賞者3人と少なめでした。午後は6人の方がお集まりくださいました。

eiga

午後のひととき、皆さん寛いだ雰囲気で鑑賞されています。

”釣り情報”今朝の便で二組3人がお見えです。お昼に新波止へ伺ったところ、ルアー釣りで、イカとメバル狙いの若いご夫婦がカサゴを釣っていらっしゃいました。ここのところ昼間の取材では釣果が少なめですが、夜釣りで型のよいアジがたくさん釣れたとの情報がありました。

kasago

新波止のカサゴ

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
20日土曜日中潮5時45分12時31分
21日日曜日大潮6時47分13時27分

7月18日

木曜日

”晴れのち時々曇り”西の風、波の高さ50センチの予報。相変わらずの暑さですが、今日は風があるので凌ぎ易い気がします。

nekoお昼寝中

ストロボが光っても微動だにしません。

”釣り情報”今朝の便でお一人がお見えです。お昼に新波止に伺ったところ、やや不調のご様子でした。

aji

バケツの中のアジ

7月17日

水曜日

”晴れ”南西のち西の風、波の高さ50センチの予報。暑い日が続きます。熱中症や夏バテに気をつけて過ごしたいものです。

”島民学級”「文化の伝承」ということで野島盆踊り保存会の方から小中学生に踊り(茜島音頭)と口説きを教えて頂きました。

bonodori

踊りながら叩くのは結構大変です。

太鼓に合わせて盆口説きが唄われ、唄に合わせて踊ります。

”釣り情報”今朝の便で3人の方がお見えでした。お昼にはセンターから見える範囲にどなたもいらっしゃらなく、取材を諦めましたが、3時前にセンター前を通りかかられた宇部のFさんから「アジの小型が30尾と大き目のスズメダイ30尾釣れました。これから津久美が浜でひと泳ぎして帰ります」と報告ありました。新波止の赤灯台の陰で釣っていらっしゃったとのことでした。

”定例健康相談”暑いせいか皆さんの出足が悪いようです。

hana

新波止への道沿いに咲く花。名前が分かりません。

7月16日

火曜日

”晴れ”東のち南の風、波の高さ50センチの予報。今日も朝から暑い野島です。

akanegouのしま号より撮影

お昼の船着場は暑くてボーっとしていたら「のしま号の中は涼しいよ」と野島海運の方が教えて下さり、連絡船を待つ間、日差しを避けさせて頂きました。

”釣り情報”今朝の便でお二人がお見えです。お昼に新波止へ伺うと、宇部市小野Kさんが36センチのカワハギを釣り上げていらっしゃいました。クロ狙いの方は「スズメダイやサヨリに邪魔されて、全く釣れていません」と仰っていました。

kawahagi計測中のKさん

Kさんは他に小ぶりながら、アジ30尾の釣果でした。

7月12日

金曜日

”晴れのち曇り”東のち南西の風、波の高さ1メートルの予報。野島の空は朝から晴れ渡っています。

tukumihama

津久美が浜

”琉球アサガオ”先日(8日)の小欄に載せました朝顔は正しくはノアサガオ(流通名は琉球朝顔)でした。沖縄県原産で多年生、宿根性で、アサガオに比べ格段に丈夫で、蔓は数メートルも伸びます。開花期間も長く(6月中旬~11月頃)夕方まで咲いています。

asagao林務水産課職員により、津久美が浜に植えられた苗

”釣り情報”今朝の便でお一人がお見えです。始めは古波止で釣っていらっしゃいましたが、お昼には新波止へ移動されていました。お話を伺うと「古波止で3尾、新波止でも数尾のチヌが釣れましたが、小さいので皆逃がしました」との事でした。

”海水浴場及びキャンプ場”海開きの神事、海岸の清掃や建屋の修繕も完了し、皆さんのお越しをお待ちしています。

kaisuiyoujou

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
13日土曜日中潮11時21分5時34分
14日日曜日小潮12時6分6時13分
15日海の日小潮13時6時57分

7月10日

水曜日

”晴れ”西の風、波の高さ50センチの予報及び、高温注意報が発令されました。今日の野島は朝からカンカン照りです。

”整備作業”市役所林務水産課職員3名が来島し、午前中は焼却炉周辺の草刈、午後は船着場近くの道路の補修をしています。

”センター内建具の整備”

sagyouchuu

市内の業者の方3人が来所され、センター内の網戸やブラインドの補修、トイレ内への手すり設置など、主に建具関係の修繕をして下さっています。

”定例健康相談”相談に訪れる島の方々から「暑いねぇ・・」とため息交じりの声ばかり聞こえてきます。

”釣り情報”暑い中、二人の方がお見えです。お昼に新波止へ伺いましたが、餌取り(スズメダイ)に邪魔されて中々釣れませんと仰っていました。

sinhato

”昨日の釣果”昨日は3人の方がお見えだったそうです。

aji

宇部市小野Kさんの釣果。型は小さめ、数も少なめですが、久し振りのアジです。

7月8日

月曜日

”晴れのち夕方から曇り”南の風、波の高さ50センチの予報。梅雨明けが発表され、今日の野島は真夏の陽気です。

asagao

東のあづまや近くで電柱を這い上がる朝顔

”海霧”今朝出勤時は見通しが悪い中での運航でした。暖かく湿った空気が海水温の低い海域を渡る間に冷やされて、水蒸気が細かい水滴となって現れた状態だったようです。梅雨時によく見られる現象で、1キロ先まで見通せれば靄、見通しが1キロ未満ならば霧というそうです。

”釣り情報”今朝の便で3人がお見えです。お昼に新波止でクロ狙いのお二人に釣果をお尋ねすると「小さいものが多くて・・」「25センチくらいが2~3尾でも釣れるといいんじゃがねぇ・・」とお返事ありました。後一人の方は船着場近くですれ違いましたが、取材は出来ませんでした。

”海開き”6日土曜日13時半より津久美が浜で海開きが開催されました。

sinnji

休憩所内で安全祈願の神事が行われました。

motimaki

雨にも負けず、賑やかに餅まきが行われました。

7月5日

金曜日

”曇り”南の風、波の高さ50センチの予報。出勤時は今にも降りだしそうでしたが、お昼前には青空が見えてきました。

”準備中”明日の津久美が浜海開きで行われる餅撒きのため、自治会役員さんが集まって餅作りをされています。

mitituki

紅白餅以外に青海苔が入ったお餅もあります。

”にょうにょう岩”野島お勧めのスポットの一つで、新波止付け根から赤灯台と反対方向の防波堤の先にあります。形がお坊さん(島ではニョウニョウといいます)に似ているところから命名されました。

 nyounyouiwa岩の間に小さく人影が見えます。

”釣り情報”今朝の便で3組6人の方がお見えです。お昼に新波止に伺うとクロ狙いで3人がいらっしゃいました。残り3人はニョウニョウ岩付近にいらっしゃるのが見えました。

kuro

中には大きいのもいます

kuro2

「午後から潮が変わるのでもっと釣れる気がします」と仰って全員残業されています。

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
6日土曜日中潮7時7分13時41分
7日日曜日大潮7時46分14時18分

7月3日

水曜日

”曇りのち雨”南の風、波の高さ1メートル50センチのち50センチの予報。出勤時は曇っていた空からバケツをひっくり返したような雨が降り始め、どうなることかと心配しましたが、2時には雨足が弱くなりホッとしています。

”イノシシ出没”島の方からイノシシが掘った穴を見つけたとの情報があり、山の上まで出張って写真を撮ってきました。

inisisi

”釣り情報”昨夜から吹き荒れている風のせいか、今朝の便にはどなたもいらっしゃいませんでした。

”探照灯用石組み”

isigumi

イノシシが掘った穴の近くの山頂に、旧陸軍が駐留していた当時の石組みが残っていました。