ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 野島漁村センター(出張所) > 茜島日記(平成26年2月)

茜島日記(平成26年2月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月19日更新

魚イラスト茜島日記魚イラスト

”ご挨拶”

平成20年にスタートした『茜島日記』、早いもので7年目の春を迎えました。

初代編集長、二代目編集長の思いを引き継ぎ

瀬戸内海国立公園に浮かぶ小さな島、野島の今を発信して行こうと思います。

「おいでませ野島へ、まっちょりますよ野島で」

過去の茜島日記

niji「レインボーあかね」運航時刻表

toudai野島の最新気象データanntena☆徳山海上保安部Micsへリンク


魚イラスト茜島日記魚イラスト

月日

曜日

出来事

魚イラスト 魚イラスト 魚イラスト

2月28日

金曜日

”曇り”北東のち北の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島は薄日が差し、吹く風が穏やかです。

katabamiカタバミの花

nekoただ今お昼寝中

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
1日土曜大潮8時55分15時2分
2日日曜大潮9時32分15時40分

”釣り情報”今朝の便で24人がお見えです。殆どの方が東の波止へ向われましたが、幾人かは新波止や中波止へ向われました。お昼に伺うと、新波止や中波止の方からは「サッパリです」と答えが返ってきました。多くの釣り人が入られた東の波止では、個人差があり、一桁代から30匹までさまざまでした。

東の波止東の波止の釣り人

アジアジ釣果

2月27日

木曜日

”撃墜されたトンビ”曇り空の新波止には、所狭しとカモメが羽を休めています。一昨日トンビを釣られた新田からの釣り人が、写真を送ってくれました。アジを釣っていると、アジをめがけて急降下してきたトンビが、釣り糸にかかってそのまま撃墜となったそうです。写真は、撃墜されたトンビを玉網で、救助しているところです。

カモメ羽を休めるカモメ

とんび玉網でトンビを救助

”釣り情報”本日は小雨の中、6人の釣り人が来られました。昼休み東の波止に行くと、ちょうどスズキが釣れて大騒ぎです。アジの釣果は、20匹前後でボチボチ釣れている状況です。サイズは17~18センチです。

スズキ70センチオーバーのスズキ

カモメ東の湾を飛び交うカモメ

2月26日

水曜日

”曇りのち雨”東の風やや強く、波の高さ50センチのち1メートル50センチの予報。野島では、11時過ぎた頃から雨が降り始めました。

”釣り情報”今朝の便で4人がお見えです。皆さん東の波止へ行かれましたが、降りだした雨のせいで、午後の便で帰って行かれました。釣果はまずまずだったそうです。

2月25日

火曜日

”かすみ”野島からは、かすみがかかって防府市がまったく見えませんが、春のいぶきが感じられる、温かい一日です。野島東の湾では、カモメが飛び交い、ときどきダイビングしてアジを捕食しています。

かすみ防府市が見えない

カモメ飛び交うカモメ

”釣り情報”本日は、朝の船便で12人の釣り人がお見えです。みなさん東の防波堤に入られ、ずらりと並ばれました。昼に伺うと、多い人で20匹前後のアジを釣られていました。昨日まで釣れなかったのに、どうしたのかな?。今日から釣れ始めるのかな?

東の波止東の波止釣り人

アジ30cm前後のアジ

2月24日

月曜日

”晴れ”北東の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島は春の到来を思わせる陽気となりました。

nanohana

島内散歩の途中で見つけた、今年最初の菜の花

”釣り情報”今朝の便で12人がお見えです。お昼に新波止に伺うと、付け根にいらっしゃった若い三人は「全く釣れていません」とのこと。中程と先端の方からも「エサも減らない・・」とのお返事・・。

野島から魚がいなくなったのかと心配しつつ、東の波止に向う途中で山口市から見えた若い方に遭遇。「何か釣れましたか?」と話しかけると「70センチのスズキが釣れました」と答えが返ってきて、ひとまず安心しました。

それにしてもアジが不調で皆さんからの問合せにも良い返事が出来ないでいます。

常連さんから電話で教えて頂いたのですが、昨年は2月27日にアジが沢山釣れたとのことです。今月中には東の波止でアジが好調との話が聞こえてきますでしょうか・・?

2月21日

金曜日

”晴れ時々曇り”北の風、波の高さ50センチの予報。野島灯台の記録では午後1時現在、西の風、風速6メートルとなっています。午前中は穏やかでしたが、風が少し出てきたようです。

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
22日土曜小潮12時50分6時56分
23日日曜小潮13時50分8時5分

”釣り情報”本日も11人の釣り客がお見えですが、「アジが全然釣れない。」と言われてました。このため、昼の便で、中波止のチヌ釣りお一人を除き、釣り人はみな帰られました。野島の東の湾には、多くのカモメが集まり、ダイビングをしたり水面で羽を休めたりしています。

カモメ

2月20日

木曜日

”晴れ”北の風、波の高さ50センチの予報。今日も穏やかな陽気ながら、風が冷たい野島です。

”畑の大根”島内散歩の途中で魚網で四方を囲まれた畑に遭遇しました。中では大根やほうれん草が元気良く育っていました。

daikonnE子さんの大根

”釣り情報”本日は11人の釣り客がお見えです。カモメが飛び交う東の湾の海底ではアジが黒くなって群れていますが、動きが悪くさっぱり釣れない様子です。海面近くを泳いでいる動きの悪いアジを玉網で掬われていましたが、網目から落ちていました。最後に、力を入れすぎて玉網が折れていました。この湾の中に入っているアジが、2~3週間後に元気になり、カモメがいなくなると、よく釣れるようになるそうです。

アジ

2月19日

水曜日

”晴れ時々曇り”北東の風、波の高さ50センチの予報。吹く風が冷たく、まだまだ寒いのですが、空が明るいせいか、何となく春の気配が感じられる今日の野島です。

gyomounetto東のあずまや近くの魚網ネットには、ツンコカレイと大根が干してありました。

”釣り情報”今朝の便で3、4人の方がお見えになり、東の波止へ向われていました。お昼に伺うとどなたもいらっしゃいません・・?良く見ると、皆さん新波止へ移動されていました。残念ながら時間切れとなってしまい、取材は出来ませんでした。

nekoMさん宅の飼い猫、リンちゃんです。

2月18日

火曜日

”カモメ”野島湾内上空はカモメが飛び交い、アジをめがけてダイビングしており、とてもにぎやかです。アジがスナメリに追われて湾内に入り、そのアジをカモメが空から狙っています。

kamome

”釣り情報”曇り空の下、釣り人お一人来られましたが、昼休みどこへ行かれたのか見当たりません。本日は釣り情報がないので、カモメのダイビングの写真を掲載します。

カモメ

2月17日

月曜日

”野島の浜市”

先着100名様に、浜市特製『うしお汁』が振舞われます。

とき:平成26年3月8日(土曜日)午前7時40分~

場所:防府市野島漁協加工場(船着場すぐ)

浜市ところ

”釣り情報”アジ釣りのみなさん、待望のアジが湾内に入ったようです。湾内ではカモメが舞い、時々ダイビングしています。桟橋から弱ったアジが横たわっているのが見えます。昨日は、高校生が弱ったアジを網ですくっていたそうです。でも、このアジが釣れる様になるには、なぜか2~3週間かかるそうです。このため、本日来られた10人前後の釣り客は、みなさん不調のようでした。

カゴメ

2月14日

金曜日

”ソバ打ち教室”昨日に続き、ソバ打ち教室のお話です。講師の野村先生が、野島のヒジキを利用した野島ソバを、創作されました。磯の香りがするおいしいソバです。みなさんもそば作りを勉強して、創作ソバに挑戦してみては、いかがですか。

ソバ

”釣り情報”本日は曇り空で、とても寒い一日です。このため、釣り人は来られませんでした。昨日の四時半の最終便で、釣果をたずねると、アジが30匹ぐらい釣れたそうです。昼からはいくらか釣れているようです。

港釣り人のいない波止でカモメが羽を休めています。

2月13日

木曜日

”曇りのち雨か雪”北の風やや強く、波の高さ1メートルの予報。今日の野島はどんよりとした冬空に覆われています。

”ソバ打ち教室”ソバ打ち道場の野村博史さんと助手の松田隆充さんを講師にお迎えして、島のお母さんたち12人がソバ打ちに挑戦されました。

sobautiうまく伸びますか?

”釣り情報”今朝の便で20人近くの方がお見えです。本日はソバ打ち教室を開催したため、お昼に取材ができませんでした。センター近くで釣り帰りの方、数人にお聞きしたところ、皆さん不調と仰っていました。

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
15日土曜大潮9時22分15時21分
16日日曜大潮9時47分15時49分

今週末は荒れ模様との予報です。釣りにお見えになる場合は、天気予報を確認の上いらっしゃいますようお願いいたします。

2月12日

水曜日

”晴れ時々曇り”北の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島は風が冷たいながら、青空が広がっています。

”切干大根”島のアチコチで大根が干されています。

nokisaki民家の軒先でハンガーに干された大根

itirinnsya

一輪車の上に置かれたネットに干された大根

”釣り情報”今朝の便で6人がお見えです。昼に新波止へ伺うと、皆さん揃って不調とのことでした。

huryou

”カモメはまだか、アジはまだかいな・・”今日は事務所への電話で「東の波止にはまだアジは入らんかね・・?」「カモメはまだ飛んでないかね・・」との問い合わせが複数ありました。「残念ながらまだのようです」とお返事した次第です。

kamome

2月10日

月曜日

”曇りのち雨か雪”北東の風やや強く、波の高さ1メートルの予報。今日も野島は冷たい風が吹きすさんでいます。

suisen診療所裏の空き地に咲いていた白い花。スイセンに良く似ているのですが・・?

”釣り情報”寒さの影響でしょうか、三田尻港でお一人の方が釣りを断念され、帰って行かれました。

”レインボーあかね”北東の風が吹く寒い一日です。西の風が吹くと、波が高くなり欠航の恐れが出てきます。北東の風が吹くと、操船が難しくなると...。船長に、その理由をたずねると、「北及び東の風は、風向が一定せずに、変化するので風を予測した操船をしていても突然変わってしまう。」と。みなさんも乗船されるときは、風向等の自然条件を考慮し、船長の御苦労を、考えて見てください。

2月7日

金曜日

”曇りのち雨か雪”北東の風やや強く、波の高さ1メートル50センチの予報。出勤時はどんよりと曇っていた空から小雪交じりの雨が降り始めました。今日も野島は底冷えしています。

suisen

野島診療所裏の空き地で風に揺れている水仙

”釣り情報”寒さが厳しいせいか、今日も釣り客はいらっしゃいません。先日、野島へ10年以上通っていらっしゃる常連さんにお聞きしたのですが、昔はセンター前の古波止湾内でもアジがたくさん釣れていたそうです。

nakahatoセンター前から見た中波止。舞い散る雪で画像がぼやけています。

2月6日

木曜日

”雪のち曇り”東の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島は朝から雪が降り続いています。

yukigesikiセンター前からの景色

”釣り情報”今朝の便にはどなたもいらっしゃいませんでした。

”目印”昨日、自治会長さんからお聞きしたのですが、東の波止でカモメが飛び交うようになると、アジが湾内に入って来ているのだそうです。今年はいつ頃になるのでしょうか・・?

干満情報;徳山港
日付月潮満潮干潮
8日土曜日小潮14時45分9時11分
9日日曜日長潮16時23分11時6分

2月5日

水曜日

”曇り”北西の風、波の高さ50センチの予報。時々薄日が差し、風も無く穏やかですが、寒さが厳しい今日の野島です。

”健康相談”昼から健康相談が始まりました。状況写真を撮りに行くと、写されるのが嫌いなお母さんもいらっしゃいます。撮影には注意が必要です。

健康相談

”釣り情報”冷え切った寒空の下、6人の釣り人がお見えです。宇部市からのチヌ釣り3人と、防府市からのアジ釣り3人が、いずれも中波止に入られています。昼休みに伺うと、アジは一人あたり30~40匹ずつ釣られていましたが、チヌは不調で、一枚も釣れていません。「アジが餌を取るので、釣れない」と言われました。

アジ

2月4日

火曜日

”曇り時々雨か雪”西の風やや強くのち北西の風、波の高さ1メートル50センチのち1メートルの予報。今日の野島は昨日までの穏やかな暖かさと打って変わり、晴れ間が見えるものの、冷たい風が吹きすさんでいます。

tuwabuki今季最後のツワブキの花

”釣り情報”今朝の便にはどなたもいらっしゃらなくて、釣り情報は開店休業となりました。

wannnai

中波止湾内

湾内は漣ですが湾外は白波が立ち、時折波飛沫が上がっています。

2月3日

月曜日

”霧雨のち晴れ”北の風、波の高さ50センチのち1メートルの予報。出勤時は霧が深く、前がよく見えないほどでしたが、午後2時ころより晴れ間が見えてきました。

tibaki

センターのロビーを飾る椿の花。N代さんが山から切り出してくださいました。

”釣り情報”濃霧注意報がでていた今日、11人の釣り人が来られました。昼休み釣果をたずねに新波止に伺うと、多い人で35匹、少ない人は一桁台と、なかなか厳しい釣りとなっていました。

アジ