ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 野島漁村センター(出張所) > 茜島日記(平成28年3月)

茜島日記(平成28年3月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月21日更新

魚イラスト茜島日記魚イラスト

”ご挨拶”

平成20年にスタートした『茜島日記』、9年目の春を迎えました。

今年度も三代目、四代目の二人で、初代編集長の思いを引き継ぎ

瀬戸内海国立公園に浮かぶ小さな島、野島の今を発信して行こうと思います。

「おいでませ野島へ、まっちょりますよ野島で」

過去の茜島日記

niji連絡船運航時刻表

toudai野島の最新気象データjunnsisenn徳山海上保安部Micsgakkou野島中学校ホームページ


魚イラスト茜島日記魚イラスト

月日

曜日

出来事

魚イラスト 魚イラスト 魚イラスト

3月31日

木曜日

”曇り”北東のち西の風、波の高さ50センチの予報。出勤時は靄が発生しており、船の窓から見える景色がミルク色でした。

”別れのテープ”午後の便で、2人の卒業生と1人の転校生、離任された先生の4人を、島の方々と一緒に見送りました。

wakarenote-pu

”お詫び”3月23日に「花びらが緋色の桜」と書いておりましたのは「枝垂れ桃」の間違いでした。訂正してお詫びいたします。

”釣り情報”春霞がかかっています。本日の釣り人は9人です。昼に伺うと、新波止に6人入られており、手前の3人はメバル釣りで、小さめのメバルが20~30匹釣れていました。先端付近のアジ釣り3人は17~18cmのアジが40~50匹釣れてました。先日のアジ釣は不調で、先々日のアジ釣は午前中絶不調でしたが、午後から潮が動き初めて釣れだし、50匹前後釣れたそうです。

メバル

昨日は泊まりで、朝の6時から2時間程度メバル釣りに行って来ました。14cm前後のメバルが15匹釣れました。

3月30日

水曜日

”曇り”西の風、波の高さ50センチの予報。桜がチラホラ咲き始めた野島ですが、なかなか暖かくなりません。

sakuranoki

船着場近くの空き地に咲く若い桜

teibokunisakusakura

花びらが重たげな背の低い木

枝垂れ桃でしょうか・・?

”釣り情報”今朝の便で15人がお見えです。東の波止へ1組が向われましたが、他は皆さん新波止です。お昼に伺うとアジが不調のようで「スズメダイはどうやって食べたらイイ・・?」と聞かれてしまいました。島の方に確かめると「セゴシがおいしいよ。後は南蛮漬けもイイねぇ」と教えてくださいました。

suzumedai

レジ袋一杯のスズメダイ

ku-ra-bokkusunoaji

新波止赤灯台手前の湾外で釣れたアジ

3月29日

火曜日

”連絡船のしま”本日朝の9時過ぎに、連絡船のしまが出航していきました。これから高知県宿毛市に行って、しっかり働いてくるのだそうです。宿毛市から来られた船員さんと、野島海運(有)の船員さんがあわただしく働いています。その内出発の準備ができたのであろう、連絡船のしまはゆっくりと桟橋を離れていきました。

連絡船のしま

連絡船のしま その2

”釣り情報”良い天気ですが霞がかかっています。本日は37人もの釣り人が来られました。昼に伺うと、中波止2人、浮き桟橋3人、入られておりみなさんアジ釣で、釣果は20匹弱です。東の波止や新波止から移動されてきたそうです。ほとんどの釣り人は新波止に入られています。アジ釣が不調でみなさん一桁台で、しかも、その前半「一桁台の後半釣れればチャンピオンだぞ」とか「アジより釣り人の方が多いぞと、茜島日記に書いとけ」とか言われてました。3月下旬で、例年であればこれからアジ釣の最盛期に入るのにどうしたのだろうか。

新波止釣り情景

春休みで、子供連れ、孫連れの釣り人も来られましたが、アジが釣れなくて残念です。せめて春休みが終わるまで、湾内にいて欲しいものです。

3月28日

月曜日

”晴れ”西の風、海上ではやや強く、波の高さ50センチの予報。出勤時は穏やかに晴れて、波も静かでしたが、午後2時頃から急に西風が吹き始め、沖では白波が立っています。

”シマネコ”

mouhunouenoneko

「この毛布、ステキでしょ」

mitiniuzukumaruneko

「石の上にも3年・・」

”釣り情報”今朝の便で、小さいお子さんを含む、20人がお見えです。お昼に新波止と中波止の桟橋に伺いましたが、皆さん不調の様子で「アジがいない・・」「スズメダイばかり釣れる・・」「メバルがチョコッとだけ・・」と仰っていました。

hutarinoomagosann

「アジが4つとスズメダイがイーッパイいるよ・・」

oyakodure

「おとうさんと一緒」かな・・?

後ろ姿が良く似ていらっしゃいます。

3月25日

金曜日

”晴れ”北東のち東の風、波の高さ50センチの予報。朝からよく晴れていますが、空気が冷たい今日の野島です。春はどこかに潜んでいるのでしょうか・・

sinnryousyourakaramietaakatoudai

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
26日土曜日中潮10時9分16時24分
27日日曜日中潮10時35分16時51分

”釣り情報”晴天の中10人の釣り人が来られました。連絡船の中で、中波止浮き桟橋でもアジが釣れた話をしたら、2人入られましたが、釣れないので新波止の方に変わられたようで、姿が見えません。昼に伺うと、みなさん新波止で、6人が先端から並んでアジ釣をされています。17~18cmのアジが50~60匹釣れてました。新波止根固付近では、メバル釣りお二人が「釣れないので昼の便で帰る」と言われてました。

新波止のアジ

3月24日

木曜日

”津久美ヶ浜に植えられたクロ松”地域が育む森林づくり事業で、2月26日に植えられたクロ松の様子を見てきました。風除け防護柵の影で元気に成長しています。これから暖かくなる春に、しっかり成長して大地に根を張り、暑い夏、強烈な台風に負けないように成長して欲しいものです。

津久美ヶ浜のクロ松

津久美ヶ浜クロ松 その2

防護柵の影でさみしそうです。一度、見に来てやってください。

”釣り情報”朝方は曇っていましたが、昼には青空が広がり暖かい日が挿しています。本日は16人の釣り人が来られました。昼に伺うと、中波止湾内の浮き桟橋で、お二人がアジ釣りをされています。その内の一人は40匹ぐらい釣られてました。他の釣り人は、新波止でアジ釣をされています。先端の赤燈台付近では50~60匹、その手前では30匹前後釣れてました。先端付近が良く釣れてるようです。

浮き桟橋のアジ

浮き桟橋で釣れたアジ、約40匹。

赤燈台のアジ

新波止赤燈台付近で釣れたアジ、約60匹。

3月23日

水曜日

”晴れ”北西のち西の風やや強く、波の高さ50センチのち1メートルの予報。今日の野島は薄曇りで吹く風は柔らかいのですが、何となく肌寒い陽気です。

sakuranoki

診療所裏に咲く「しだれ桃」

”定例健康相談日”お昼の便で防府市の保健師1名が来所し、皆さんからの相談に応じています。

kennkousoudann

夫「パチンコが楽しみじゃが、家内の許可がないと・・」

妻「家計に響かないほどにして貰わないと・・」

保健師「ご夫婦円満が長生きの秘訣ですから・・」

”釣り情報”今朝の便で30人を超える方がお見えです。お昼に伺うと、ほとんどの方がアジ狙いで新波止にいらっしゃいました。釣果は、皆さん「ボチボチ」と仰っていました。

ohirunosinnhato

釣客で賑わう新波止

中波止湾内の桟橋にいらっしゃったお2人からは「ポツンポツンとアジが釣れています」とお返事ありました。

nakahatonoaji

中波止湾内の桟橋で釣れたアジ

「もう少し数を増やさないと、家には帰れないねぇ・・」

3月22日

火曜日

”晴れ”西の風、波の高さ50センチの予報。連休明けの野島の空は穏やかに晴れ上がり、室内から外を見ると「春爛漫」という感じですが、意外に外気が冷たくて「春は名のみ・・」です。

nanohanabatake

センター北側にあるKさんの菜の花畑

”釣り情報”見渡す限り青空で、とても気持ちの良い一日です。本日は22人の釣り人が来られました。最初は中波止や浮桟橋に入られていた釣人も、昼にはみなさん新波止に移動されています。新波止では3人のメバル釣り以外はみなさんアジ釣りです。メバルは型が小さく、数も釣れないそうです。アジは新波止中ほどでは20~30匹、先端付近では50~100匹と良く釣れています。みなさん外海に向かって竿を投げられています。

新波止先端付近のアジ

新波止先端付近で、宇部から来られたKさんの釣果。100匹はいるそうです。

3月18日

金曜日

”雨”南東の風やや強く、波の高さ1メートル50センチの予報。周防野島灯台のデータによると、朝から10メートル前後の東の風が吹き続いています。

”使用可能”長い間調理室の隅で埃をかぶっていたオーブンレンジの使い心地を確かめるため、N子さんとN代さんに、パン作りに挑戦していただきました。

tennbannninaraberaretapann

dekiagattapann

完成した24個のロールパン

”釣り情報”雨の仲お一人アジ釣に来られました。連絡船の中で「アジ釣はどこがいいだろうか」と聞かれたので「湾の中のアジは外海に出てしまったようで、新波止先端赤燈台付近がいいのでは」と答えました。昼に伺うと、姿が見えません。新波止中ほどの外海に、地元の猟師さんが船をつけてアジ釣をされています。一回に2~3匹釣れてます。連絡船乗場に行くと、今日来られた釣人が「西の浮桟橋でアジを50~60匹釣った」「雨が降って寒いので早めに止めた」と言われました。湾の中にも、まだアジがいるようです。

新波止

中程の小さな点が船で、左奥が赤燈台です。

3月17日

木曜日

”晴れ”北東のち南東の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島の空は穏やかに晴れ渡り、やっと春めいてきました。

”漁村センター運営委員会”平成27年度第2回目が午後1時半より、2階集会室にて開催されています。主な議題は平成27年度の事業実施報告と平成28年度の事業計画についてです。

unneiiinnkainoyousu

開始直前の様子

”移動販売車来島”お昼の便でカラフルな軽トラがやって来ました。

hunekaraorirukeitora

”釣り情報”今朝の便で18人が見えました。お昼に伺うと、中波止桟橋に2人の他は、皆さん新波止にいらっしゃいました。

ku-ra-bokkusunoaji1

中波止桟橋のアジ

ku-ra-bokkusunoaji2

新波止湾外のアジ

「たくさん釣れたので残業はしません」

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
19日土曜日若潮6時48分12時55分
20日日曜日中潮7時28分13時35分
21日月曜日中潮8時14時8分

3月16日

水曜日

”曇りときどき晴れ”東のち南の風、波の高さ50センチの予報。出勤時は風もなく、外気が暖かく感じましたが、午後になると風が冷たくなり、肌寒い陽気となりました。

sinnhatonoturibitotati

釣人で賑わう新波止赤灯台付近

”灯台見回り船”徳山海上保安庁から周防野島灯台の点検のため「げんうん」が来島しています。

toudaimimawarisenn

新波止先端寄りの湾内に停泊中の「げんうん」

”釣り情報”今朝の便で20名を超える方がお見えです。お昼に伺うと、殆どの方が新波止にいらっしゃいました。付け根近くでメバル狙いの常連さんから「ボチボチ釣れています」とお返事ありました。中ほどから赤灯台まで順繰りに釣果をお尋ねしたところ「チョボチョボです」「ボチボチです」「マズマズです」と先に行くほど、アジの取れ高が上がっている感触でした。

ku-ra-bokkusunainoaji1

新波止湾外のアジ1

ku-ra-bokkusunainoaji2

新波止湾外のアジ2

3月15日

火曜日

”連絡船の中での会話”先週の金曜日だったかな、帰りの連絡船の中で、男性の釣り人が女性の釣人2人に向かって「あなた方は釣りがうまい、たくさん釣られて...」すると女性の釣り人が「いかつい顔をしてさー釣ってやるぞとかまえたのでは、魚も殺気を感じて食わない、優しい笑顔で穏やかな気持ちで釣りなさい」と、そして「帰ったら、鏡の前で笑顔の練習をして来なさい」と言われました。たいへんユニークな話ですので参考までに紹介させていただきます。

新波止の釣り人

20名以上の釣り人が入られた新波止。

”釣り情報”雲ひとつない青空が広がっています。本日は宇部からの釣りクラブ15人を含む、36人もの釣人が来られました。昼に伺うと、昨日までは釣れていた浮き桟橋の3人のアジ釣は、みなさん一桁台で不調です。中波止4人のアジ釣も、おひとりだけ30匹で他の人は不調だそうです。道沿いにも2人入られていますが不調だそうです。新波止では先端の何人かは、70匹近く釣られていますが、他の人は10~30匹でボチボチのようです。湾の中に入っていたアジが外海に出てしまったようです。

新波止先端のアジ

新波止先端で釣れたアジ、今日のチャンピオンです。

3月14日

月曜日

”曇りときどき晴れ”北東のち北の風、海上ではやや強く、波の高さ50センチのち1メートルの予報。週明けの野島は底冷えがしています。

”アザレアとパンジー”

azereanohana

先月の雪でスッカリ枯れてしまったと思っていたのですが、黄色とピンクの鮮やかな花が咲いて、センター前庭が明るくなりました。

”釣り情報”晴れたかと思えば曇り、よく分からない天気ですが、昼には風も出てきました。本日は7人の釣り人が来られました。昼に伺うと、西の浮き桟橋に3人、中波止中ほどに3人、新波止赤燈台に1人入られています。みなさんアジ釣りです。浮き桟橋と中波止では、20~30匹釣れていました。「先週は良く釣れたのに、漁村センターの前の湾にもアジがいない。どこえ行ったのかな」と言われてました。新波止赤燈台では、約40匹のアジが釣れてました。浮き桟橋で釣れないので、こちらに移動したそうです。水温が高くてアジの移動が激しいのか、今年はどこで釣れるか良くわかりません。

新波止アジ

新波止赤燈台で釣れたアジ。

3月11日

金曜日

”曇りのち晴れ”北の風、波の高さ50センチのち1メートルの予報。出勤時は曇り空でしたが、10時過ぎには澄んだ青空に変わりました。

”連絡船のしま”昼に桟橋に行くと連絡船のしまのエンジンがかかり、点検をされてます。また、これから出稼ぎに行くのかなと思いきや、4月になって四国宿毛に行くための点検で、中国運輸局山口運輸支局の点検が行われたそうです。無事終了したそうで、来月からは四国宿毛市で、老体に鞭打って活躍するのだそうです。

連絡船のしま

”釣り情報”昼には青空が出てきましたが、吹く風は冷たいです。本日は12人釣り人が来られました。昼に伺うと、西の桟橋に8人、中波止に4人入られています。みなさんアジ釣りで、最初から入られている釣人は、40~50匹釣られています。東の波止に入られた2人の釣人は、釣れないのでこちらへ移動されてます。

浮き桟橋

最近は、中波止湾奥がアジ釣のポイントとなているようで、この浮き桟橋は釣り人で賑わいます。

3月10日

木曜日

”晴れ時々曇り”北東のち北の風、波の高さ50センチの予報。今日の野島は風がゆるいせいか、あまり寒さを感じません。

”野島中学校卒業式”本日10時より卒業式が行われました。式は人生の大きな節目です。卒業生のお別れの言葉、在校生の送る言葉を聞いていると、この子供たちは野島で多くのことを学び大きく成長しているのだなとつくづく思いました。こういう式に参加して神聖な気持ちになり、我が人生を振り返る事も必要ですね。ずいぶん人生の時間を使ってしまいましたが、心の成長は止まってしまっているようです。保護者のあいさつにもありましたが、野島で学んだことを糧に大きく羽ばたいてくれることを期待しています。

卒業式校長あいさつ

体育館で行われた卒業式、校長先生のあいさつです。

”釣り情報”今朝の便で5人がお見えです。お昼に伺うと、中波止の桟橋と中波止湾内でアジが好調とのことでした。

ku-ra-bokkusunoaji

数も型も上々の中波止桟橋のアジ

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
12日土曜日中潮10時51分17時9分
13日日曜日中潮11時28分17時51分

3月9日

水曜日

”雨のち曇り”北東のち北の風やや強く、波の高さ1メートル50センチの予報。午前中は雨足が強く、傘をさしても濡れるほどでしたが、午後は小止みになりました。

”地域図書交換日”連絡船への搬入と搬出は漁協の軽トラをお借りしているのですが、今日は都合が悪く、雨の中を台車で運搬しました。

hakodumesaretatosyo

段ボール箱に詰め込まれた地域図書

”釣り情報”今朝の便でどなたもお見えではなく、残念ながら開店休業となりました。

”定例健康相談日”お昼の便で防府市保健センターより保健師1名が来所し、皆さんからの相談に応じています。

kennkousoudannchuu

Mさん「甘いものが無性に食べたくて・・」

保健師「最近、血液検査を受けられましたか・・?」

3月8日

火曜日

”津久美ヶ浜へクロ松植林”地域が育む森林づくり事業において、2月26日津久美ヶ浜海水浴場に植えられた松が、すくすく育っています。太陽の光を浴び、雨にうたれ、この2~3日の暖かさで、松の根もしっかりと大地に根を張る準備ができたことでしょう。津久美ヶ浜を吹き抜ける台風や季節風に負けないように、大きく成長して欲しいものです。

津久美ヶ浜

クロ松

津久美ヶ浜にクロ松が植栽されてます。暴風よけの垣根も整備されており、これから大きく育ってくれるのを待つのみです。一度見に来てください。

”釣り情報”昼には晴れるのかなと思われましたが、曇り空となっています。本日は31人の釣り人が来られました。宇部からの大学生グループも5人来ており、波止はたいへん賑わっています。昼に伺うと、西の浮桟橋に8人、中波止に4人、新波止に13人入っています。浮き桟橋でもアジが良く釣れており30~50匹、中波止も30~50匹、新波止では先端付近のアジ釣り7人が20~50匹、若者グループは家族の数ぐらいは釣れたと言ってました。漁村センター前の古波止にも3人入られており、最初からの釣り人は30匹ぐらい釣れたそうです。

古波止のアジ

古波止から漁協に向かって釣られたアジ。

浮き桟橋

西の浮き桟橋がこんなに釣り人で賑わったのは、初めてでは。

3月7日

月曜日

”野島浜市”3月5日(土曜日)に行われた浜市は、野島着9時の連絡船がほぼ満員となり、船着場から浜市が開かれる加工場まで人の流れができ、たくさんの人で賑わいました。島のお母さんや学校の先生、そして、漁師さんに野島海運(有)の船員さん、みなさんが手伝って島をあげてのイベントとなっています。無料うしお汁が振舞われ、新鮮な魚、野島の郷土料理角寿司やツンコ味噌などがとぶように売れていました。浜市に来て、新鮮な魚や郷土料理を買ってください。

うしお汁

無料うしお汁が振舞われています。

浜市1

魚売り場に人だかりができています。

”釣り情報”春霞がかかっていましたが、昼前にはたいへん良い天気となりました。本日は25人の釣り人が来られました。昼に伺うと、新波止10人、中波止9人、中波止近くの浮桟橋に4人入られています。東の波止は今日も釣れないようで、みなさん移動されてだれもいません。新波止寝っ固付近のメバル釣り5人は、型も小さくて数も釣れなくて不調だそうです。先端のアジ釣5人は、20~50匹釣れており、25cmぐらいの良型も交じっていました。中波止はみなさんアジ釣りで、南に向かって竿を投げられ20~50匹釣れていました。浮き桟橋先端でのアジ釣は好調のようでした。

新波止先端のアジ

新波止先端のアジ、25cmサイズも釣れています。

中波止のアジ

中波止中ほどのアジ、数は釣れてます。

3月4日

金曜日

”曇りときどき晴れ”東のち南の風、波の高さ50センチの予報。出勤時は小雨模様で、釣りに見えた方が「これ以上降らないで欲しいなぁ・・」と仰っていました。

”野島の浜市”開催日がいよいよ明日となりました。島の皆さんが、新鮮なお魚や野島の郷土料理を準備していらっしゃいます。大勢の方がお見えになることを願っています。

干満情報:徳山港
日付月潮満潮干潮
5日土曜日中潮6時32分12時33分
6日日曜日中潮7時17分13時19分

”釣り情報”今朝の便で12人がお見えです。お昼に伺うと、皆さんアジ狙いで、中波止、道沿い、新波止といらっしゃいました。釣果は道沿いと新波止でまずまずの様子でしたが、中波止では不調とのことでした。東の波止には人影もカモメも見えませんでした。

ku-ra-bokkusunainoaji道沿いでの釣果

「100尾はいると思います」とお返事くださいました。

3月3日

木曜日

”丸久移動販売について”2回目の丸久移動販売車が、野島着1時の便でやって来ました。矢立神社の広場で音楽を流しながら、販売が始まりました。レジに行列ができました。4月から本格的に島に来てくれる予定ですが、現在は試行です。この後、野島小中学校の前でも販売される予定です。

丸久移動販売

島のお母さん方が、船が到着する前から待ってます。

丸久移動販売その2

レジに行列ができました。

”釣り情報”朝から春霞がかかり、とても良い天気です。本日は22人の釣り人が来られました。昼に伺うと、中波止付近11人、新波止8人入られています。中波止と古波止の間に、漁船が止まってアジ釣をしています。今日のポイントは、このあたりでしょう。中波止付近はみなさんアジ釣りで、20~50匹釣れていました。新波止は不調で、型も小さくて数も少ないです。東の波止や新波止護岸からは不調で、みなさん中波止に移動されたそうです。

浮き桟橋のアジ

中波止手前の浮桟橋からのアジ、良型が50匹。

新波止根っこ付近のメバル

新波止根固付近でのメバル、約30cmアイナメも釣れてます。

3月2日

水曜日

”晴れ”西の風、波の高さ50センチの予報。良く晴れて風も穏やかですが、空気が冷たい今日の野島です。

huruhatowannnainoaji

出勤時に、漁村センター目の前の古波止湾内で、たくさんのアジが泳いでいました。

”定例健康相談”お昼の便で保健センターから保健師1名が来所しています。2時半までに女性ばかり4人と、今日は相談に見える方が少なめです。

”釣り情報”今朝の便で20人を超える方がお見えです。お昼に伺うと、新波止、道沿い、中波止、中波止湾内の桟橋、古波止と万遍なくいらっしゃり、殆どの方がアジ狙いとのことでした。釣果の方は「ボチボチです」や「不調です」と、皆さんマチマチでした。東の波止にも何人か行かれたようですが、不調だったようです。

ku-ra-bokkusunainoaji

新波止先端寄りでの釣果

数、型ともに「まずまず」でしょうか・・

3月1日

火曜日

”雪景色”昨日から降り続いた雪は、あたり一面真白にしてしまいましたが、道路上は解けており、氷も張っていないので、冬用タイヤでなくても大丈夫そうで安心しました。野島も雪が積もっているのかなと思いながら通勤しましたが、粉雪は舞っていますが、積もってはいません。海に囲まれて暖かいのでしょう。昼には日も射し始めて穏やかな午後になりそうです。

野島の朝

野島の朝9時の様子です(桟橋から漁村センター)

”釣り情報”朝から粉雪が舞っており、釣り人のいないさみしい波止となっています。島のお母さんが日曜日東の湾の中でアジを釣ったそうで「刺し身にして食べたら美味しかった。今年のアジは油が乗って美味しい」と言われてました。そう言えば、東の湾をカモメなどが十数羽海面を泳いでいます。アジが入っているのだろうか。

東の湾

東の湾を泳ぐカモ