ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

人権への配慮のお願い

更新日:2020年4月24日更新 印刷ページ表示

全国で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している中、感染された患者やその濃厚接触者の方々、自らの命を懸けて懸命に治療に当たっている医療従事者の方々、そしてこれらの御家族の方々などに対して、誤解や偏見に基づく差別的取扱いや言動の事例が各地で起きています。 

今や誰もが新型コロナウイルスの感染者となる可能性がある状況において、新型コロナウイルス感染症を理由とした不当な差別や偏見は、決して許されるものではありません。 

こうした差別や偏見は、感染者やその家族の日常生活を困難にするだけでなく、感染者やその家族に過度な不安や恐怖を抱かせ、感染した事実を表面化させることを本人が躊躇してしまうことになってしまいます。そのために、感染の報告を遅らせてしまうことで、さらに感染を拡大させてしまうことになりかねません。 

市民の皆様におかれましては、どんな状況においても相手を思いやる気持ちを忘れず、根拠のない情報に惑わされて、感染者やその関係者の方々に対する誹謗中傷などを決して行わないようお願いいたします。