ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 熱中症関連情報

本文

熱中症関連情報

更新日:2024年5月29日更新 印刷ページ表示

熱中症予防

「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能 がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症します。適切な対処が実施されれば、死亡や重症化を防ぐことができます。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症の症状

軽症:たちくらみ・めまい・筋肉痛・筋肉のこむら返り・手足のしびれ・気分の不快・大量の汗をかく等

中等度:頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感等

重症:意識がない・けいれん・高体温・呼びかけに対する返答がおかしい・まっすぐに歩けない・走れない等

熱中症予防のポイント

暑さを避けて、身を守る!

室内では

・扇風機やエアコンで温度を調節

・遮光カーテン、すだれ、庭先・玄関先等に打ち水を利用

・室温をこまめに確認

屋外では

・日傘や帽子の着用

・日陰の利用、こまめな休憩

・天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

からだの蓄熱を避けるために

・通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する

・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

こまめに水分を補給!

室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、必要に応じ、経口補水液やスポーツドリンクなどを補給しましょう。

 

暑さを避けて

熱中症かなと思ったら

1.涼しい場所へ

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

2.からだを冷やす

衣服を緩め、からだを冷やす(特に、首の周り、脇の下、足の付け根など)

3.水分補給

水分・塩分、経口補水液、スポーツドリンクなどを補給する

応急処置について

自力で水が飲めない、意識がない場合は、ためらわず救急車を呼びましょう。

熱中症応急処置

 

【涼み処】を活用しましょう♪

外出中に休憩を必要とする市民のための一時的な休憩場所として開設します。
涼み処にはのぼり旗を設置しています。熱中症対策のため、ぜひご活用ください♪

【涼み処】(クーリングシェルター)のご案内

涼み処

 

 

 

 

こののぼり旗が目印

【涼み処】はクーリングシェルターとして指定しています

熱中症特別警戒アラートが発表された時(防府市独自基準を含む)に、暑さをしのげる場を確保することで、極端な高温時における熱中症による重大な健康被害の発生を防止するため、クーリングシェルターを指定しています。

防府市では、【涼み処】をクーリングシェルターとして指定しています。

これにより、熱中症特別警戒アラート発表時は、極端な高温発生時にだれでも休息できる施設として市が指定した、クーリングシェルターとして開設します。

熱中症特別警戒アラート・熱中症警戒アラートについては次項をご覧ください。
【涼み処】はクーリングシェルターとして指定しています

熱中症特別警戒アラート・熱中症警戒アラート

「熱中症特別警戒アラート」と「熱中症警戒アラート」

  「熱中症特別警戒アラート」 「熱中症警戒アラート」
概要 気温が特に著しく高くなることにより、熱中症による重大な健康被害が生じるおそれがある場合に発表 気温が著しく高くなることにより、熱中症による健康被害が生じる可能性があると予測された際に発表
発表基準

県内観測地点すべての地点暑さ指数が35に達する場合

 

※「防府市の独自基準について」

防府市で暑さ指数が35以上になると予測される場合には、特別警戒アラート発表時と同様の対応をとります。

県内観測地点のいずれか暑さ指数33に達する場合
広報
  • 防災メール
  • 消防車両及び「公用車」による広報
  • 市HP
  • データ放送による注意喚起(6月開始)
  • 防災メール
  • 消防車両による広報
  • 市HP
  • データ放送による注意喚起(6月開始)
対応
  • 公立小中学校:臨時休業
  • 市主催のイベント・行事等は原則中止し、その他は自粛要請
  • クーリングシェルター開設
  • 公立小中学校:屋外活動中止
  • イベント・行事等は熱中症対策を徹底

・「熱中症特別警戒アラート」、「熱中症警戒アラート」とは(環境省)

・熱中症警戒アラート等のメール配信サービス(無料)登録が可能です。登録はこちらから→熱中症予防情報サイト(環境省)

防府市の独自基準について

防府市で暑さ指数が35以上になると予測される場合には、特別警戒アラート発表時と同様の対応をとります。

暑さ指数

表:日常生活に関する指針(環境省熱中症予防情報サイトより)

温度基準

(WBGT)

注意すべき生活活動の目安 注意事項

危険

(31以上)

すべての生活活動でおこる危険性

高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい部屋に移動する。

厳重警戒

(28~31)

外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。

警戒

(25~28)

中等度以上の生活活動でおこる危険性 運動や激しい作業をする際は、定期的に十分に休息を取り入れる

注意

(25未満)

強い生活活動でおこる危険性 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある

※WBGT値(暑さ指数)とは

人体の熱の出入りに与える影響の大きい(1)湿度(2)日射・輻射(ふくしゃ)などの周辺の熱環境、(3)気温の3つを取り入れた指標で、熱中症危険度を判断する指標の目安になっています。

防府市の現在の暑さ指数(環境省 熱中症予防情報サイト)