ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 課税課 > 軽自動車に関連する税が変わります

本文

軽自動車に関連する税が変わります

更新日:2020年6月15日更新 印刷ページ表示

軽自動車に関連する税が変わります

消費税率の引き上げに伴い、軽自動車に関連する税が変わります。

「グリーン化特例」の延長

現行のグリーン化特例(軽課)が令和3年度課税分まで、2年間延長されます。

「自動車取得税」の廃止と「環境性能割」の導入

自動車取得税が廃止され、自動車の燃費性能等に応じて購入時に払う「環境性能割」が導入されます。

自家用の乗用車にかかる環境性能割は、令和元年10月1日から令和3年3月31日の間に限り、臨時的に1%分軽減されます。

税額の計算方法(自家用の乗用車の場合)

 

臨時的軽減後の税率

令和元年10月1日~
令和3年3月31日までの間

通常の税率

対象となる軽自動車
(自家用の乗用車の場合)

軽自動車の取得価格× 非課税 非課税 電気自動車等
★★★★かつ2020年度燃費基準10%達成車
1.0% ★★★★かつ2020年度燃費基準達成車
1.0% 2.0% 上記以外の車

★★★★:平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車