ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > マイナンバーカードが健康保険証として利用できます(後期高齢者医療)

本文

マイナンバーカードが健康保険証として利用できます(後期高齢者医療)

更新日:2022年5月20日更新 印刷ページ表示

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました。

医療機関や薬局でカードリーダーにマイナンバーカードをかざすと医療保険の資格がオンラインで確認できるため、保険証や限度額適用認定証の提示が不要となります。

※医療機関・薬局によって開始時期が異なります。(令和5年3月末までには概ねすべての医療機関や薬局で利用可能となる予定です。)

市内において利用できる医療機関・薬局リスト [PDFファイル/544KB](厚生労働省HPより抜粋)【令和4年5月8日現在】

※利用できる医療機関・薬局は今後も順次追加予定

利用方法

事前に登録手続きが必要です。登録手続きはセブン銀行のATMまたは「マイナポータル」から行ってください。

(マイナンバーカードの読み取りに対応した機種のスマートフォンまたはパソコンとICカードリーダーで簡単に手続きできます。)

詳しくは、厚生労働省のホームぺージをご覧ください。

マイナンバーカードの健康保険証利用(マイナポータルについて)

※現在の保険証(紙製)は、マイナンバーカードを健康保険証として利用開始後も、従来どおり使用できます。

市役所で登録される場合

市役所4号館1階マイナポイント予約コーナーで手続きできます。

【登録に必要なもの】

・マイナンバーカード

・マイナンバーカード受取時に設定した利用者証明用電子証明書暗証番号

マイナンバーカード利用のメリット

・引越をしても、健康保険の手続きが完了後、保険証の発行を待たずにマイナンバーカードで医療機関や薬局を利用できます。

・限度額適用認定証を提示しなくても限度額以上の支払いが免除されます。

・マイナポータルで、薬剤情報・医療費情報が閲覧できるようになります。

・確定申告時に、マイナポータルを通じて簡単に医療費控除の申告ができるようになります。

マイナンバーカードについてのお問合せ先

マイナンバー総まいなちゃん合フリーダイヤル

Tel  0120-95-0178

受付時間(年末年始除く)

平日:午前9時30分から午後8時まで

土日祝:午前9時30分から午後5時30分まで

マイナンバーカードの健康保険証利用について

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)