ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生活安全課 > 犬と猫のマイクロチップの装着と登録について

本文

犬と猫のマイクロチップの装着と登録について

更新日:2022年4月12日更新 印刷ページ表示

犬と猫のマイクロチップの装着と登録について

 「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正により、令和4年6月1日からペットショップやブリーダーが販売する犬と猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。

 そのため、ペットショップやブリーダーから購入した場合、マイクロチップが装着されており、新しい飼い主の方は「犬と猫のマイクロチップ情報登録サイト(環境省指定登録機関)」に所有者変更登録を行う必要があります。

 

犬と猫のマイクロチップ情報登録サイト(環境省指定登録機関)〈外部リンク〉

マイクロチップを装着するメリット

 迷子や地震、事故などで犬や猫が飼い主と離ればなれになっても、マイクロチップの番号をリーダーで読み取り、データベースに登録された情報と照合することで飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなります。

 

マイクロチップについて詳しい情報を知りたい方は、環境省のホームページをご確認ください。

犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&A(環境省)