ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 道路課 > 法定外公共物の付け替えの手続き

本文

法定外公共物の付け替えの手続き

更新日:2021年11月10日更新 印刷ページ表示

法定外公共物(道路・水路)を、宅地造成などのために潰したり、付け替えたりするときは「用途廃止」の手続きが必要となります。つまり、道路や水路は公共の用に供するための施設ですから、勝手に潰したり、付け替えたりすることはできません。また、土地の造成や埋め立てなどによって、すでに道路や水路の形がなくなっている場合でも、法務局の図面に記載されているものについては、同様の手続きが必要となります。
元の道路や水路の代わりに新たに道路や水路を設置し、新設された財産を防府市が「寄附」を受ける場合で、市が適当と認めたときは、代わりの施設をつくるために負担した費用(土地代金等を含む。)の範囲内で、元の道路や水路を「譲与(無償)」することができます。
道水路の付け替えについては、事前にご相談ください。

申請に必要なもの

  • 代替施設工事施工承認申請関係書類(用紙サイズA4)
  • 寄附申込関係書類(用紙サイズA4)
  • 用途廃止及び払下げ申請関係書類(用紙サイズA4)
  • 添付書類等(申請書に記載)

代替施設工事施工承認申請関係書類はこちら [Wordファイル/47KB]

記入例はこちら [PDFファイル/243KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)