ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 入札検査室 > 令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価の運用に係る特例措置及びインフレスライド条項の適用についてお知らせします

本文

令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価の運用に係る特例措置及びインフレスライド条項の適用についてお知らせします

更新日:2020年3月9日更新 印刷ページ表示

公共工事設計労務単価の運用に係る特例措置の適用について

最近の労働市場の実勢価格を適切・迅速に反映するため、労務単価の前倒し引き上げにあわせ、以下のとおり労務単価の特例措置を行います。

 令和2年3月から適用する公共工事設計労務単価及び設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置についてのお知らせ [PDFファイル/303KB]

様式

インフレスライド条項の運用について

賃金等の急激な上昇に対処するため、いわゆるインフレスライド条項(工事請負契約書第25条6項)を以下のとおり運用します。

インフレスライド条項の適用についてのお知らせ [PDFファイル/156KB]

インフレスライド条項の運用

インフレスライド条項の運用については、下記マニュアルに基づいて行います。

賃金等の変動に対する工事請負契約書第25条第6項の運用マニュアル [PDFファイル/475KB]

様式

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)