ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 入札検査室 > 【令和4年4月1日適用】「週休2日モデル工事(試行)」及び「営繕系工事における週休2日モデル工事(試行)」を実施します。

本文

【令和4年4月1日適用】「週休2日モデル工事(試行)」及び「営繕系工事における週休2日モデル工事(試行)」を実施します。

更新日:2022年3月23日更新 印刷ページ表示

「週休2日モデル工事(試行)」及び「営繕系工事における週休2日モデル工事(試行)」を実施します。

 建設現場における休日確保の取組を推進し、建設産業従事者の就労環境の改善を図るとともに、若手技術者を始めとする担い手の確保と育成を推進するため「週休2日モデル工事(試行)」を実施します。

1 対象となる工事

市(上下水道局含む)が令和4年4月1日以降に入札公告を行う工事のうち下記のもの
※試行対象工事は現場説明書に「週休2日工事の試行対象工事である旨」が明示してあります。


 〇土木工事
    1 発注者指定型
    発注者が、週休2日に取り組むことを指定する方式

    ・工事発注時に所要の経費を補正したうえで発注し、精算時に4週8休に満たないものは補正分を減額する。
    ・4週8休以上の達成が確認された場合は、工事成績評定にて評価を行う。

   2 受注者希望型
    受注者が工事着手前に、発注者に対して週休2日に取り組む旨を協議したうえで取り組む方式

    ・工事発注時に所要の経費補正はなく、精算時に4週6休以上を達成できたと認められる場合に、所要の経費を補正したうえで契約変更を行う。
    ・4週6休以上の達成が確認された場合は、工事成績評定にて評価を行う。

 

 〇営繕系工事
  発注者指定型・受注者指定型
    ・発注者指定型、受注者希望型ともに経費を補正したうえで発注する。
    ・発注者指定型、受注者希望型ともに、4週8休に満たないものはその達成状況に応じて、経費補正分を減額する契約変更を行い、4週6休に満たない
     ものは経費補正分を減額する契約変更をする。
    ・受注者指定型、受注者希望型ともに、4週6休以上の達成が確認された場合は、工事成績評定にて評価を行う。

2 関連要綱等

なお、要領は、建設工事等入札関連要綱等にもあります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)