ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > クリーンセンター > レジ袋の有料化がスタートします

本文

レジ袋の有料化がスタートします

更新日:2020年6月30日更新 印刷ページ表示

レジ袋の有料化がスタートします

令和2年7月1日から、全国一律でプラスチック製買物袋の有料化が始まります。

※すでに、レジ袋の有料化を実施している事業者もいますが、令和2年7月1日より全国一律での有料化が始まります。

プラスチックは非常に便利な素材で、成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。

その一方で、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。

このような状況を踏まえ、全国でプラスチック製買物袋の有料化が実施されます。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考え、エコバッグを持ち歩くなど、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

対象となる事業者

プラスチック製買物袋を扱う小売業(※)を営むすべての事業者が対象となります。

主な業種が小売業ではない事業者(製造業やサービス業)であっても、事業の一部として小売業を行っている場合は有料化の対象になります。

(※)各種商品小売業、織物:衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、自動車部分品・附属品小売業、家具・じゅう器・機械文具小売業、医薬品・化粧品小売業、書籍・文房具小売業、スポーツ用品・がん具・娯楽用品・楽器小売業及びたばこ・喫煙具専門小売業)

対象となる買物袋

購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋が対象となります。

ただし、環境性能が認められ、その旨の表示がある以下3点の袋は対象外です。

  1. プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  2. 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
  3. バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

価格設定と売上の使途

価格も売上の使途も、事業者自ら設定することとなります。

ただし、1枚あたりの価格が1円未満になるような価格設定をすることは有料化にあたりません。

私たちにできることは?

マイバッグを持参し、不要なレジ袋はもらわない!!

エコバッグは、食品を入れるため意外と汚れます。エコバッグを選ぶ際は、お手入れのしやすさも選ぶポイントにしてください。

プラスチックごみを減らすためには

私たちは、毎日のようにプラスチックを使い、プラスチックごみを出しています。マイバッグを持参すること以外にも、私たち一人ひとりが毎日の暮らしの中でプラスチックごみを減らす取組をしていくことが重要です。

下記を参考に、みなさんも生活の中で実践してみましょう。

  • マイボトル、マイ箸を持ち歩く
  • スーパーなどで食品を小分けにするポリ袋の使用を減らす
  • 詰め替え用ボトルなど繰り返し使えるものを選ぶ
  • 食品の保存はふた付き容器を使い、ラップの使用を減らす
  • 買い物のときには簡易包装を頼む
  • ごみは所定の場所・時間に分別して出す
  • ごみのポイ捨て、不法投棄はしない

プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口

受付時間:9時~18時15分(土・日・祝日を除く)

  • 事業者向け:0570-000930
  • 消費者向け:0570-080180

関連リンク

レジ袋の有料化について(経済産業省)