ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防府市議会 > 教育厚生委員会の行政視察報告を掲載しています

教育厚生委員会の行政視察報告を掲載しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月18日更新

教育厚生委員会行政視察報告

教育厚生委員会委員長 河杉憲二

1.視察日程

平成28年4月20日(水曜日)~22日(金曜日)

2.視察委員

河杉憲二委員長、藤村こずえ副委員長、安藤二郎委員、田中健次委員、田中敏靖委員、山下和明委員、吉村弘之委員

3.視察地

岐阜県岐阜市(人口:408,162人、面積:203.60平方キロメートル)
滋賀県東近江市(人口:113,483人、面積:388.37平方キロメートル)
兵庫県姫路市(人口:533,868人、面積:534.33平方キロメートル)

4.調査事項

岐阜県岐阜市:コミュニティ・スクールについて、小中一貫英語教育について
滋賀県東近江市:生活困窮者自立支援事業について
兵庫県姫路市:ICT教育について

5.調査概要

■コミュニティ・スクール、小中一貫英語教育(岐阜県岐阜市)
 平成27年度に小・中学校70校全てをコミュニティ・スクールに指定し、学校運営協議会の下部組織である「支援推進委員会」が年間50万円の予算で、学習支援、安全活動、地域行事等の活動を行っています。また、平成15年度に岐阜発「英語でふるさと自慢」特区の認定を受け、平成27年度からは小学1年生から英語を教科化しています。平成28年度予算は2億3千万円で、ALT派遣事業など積極的な施策を展開しています。

■生活困窮者自立支援事業(滋賀県東近江市)
 平成24年10月、国からモデル事業を受託、平成27年3月に地域生活支援計画を策定し、次のような事業を行っています。
 ・自立相談支援・家計相談支援・生活困窮家庭の子どもへの学習支援・就労支援

■ICT教育(兵庫県姫路市)
 平成25年12月、市内104校全小・中学校でICT環境の整備を行いました。
 概要は次のとおりです。
 事業費総額約6億6千万円(5年間)
 ・全中学校普通教室に電子黒板機能付ディスプレイと書画カメラ 515セット
 ・全小・中学校普通教室に指導者用パソコン 1,432台
 ・全小・中学校に協働学習用タブレット等 130セット 1,386台