ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防府市議会 > 教育民生委員会の行政視察報告を掲載しています

教育民生委員会の行政視察報告を掲載しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月15日更新

教育民生委員会行政視察報告

教育民生委員会委員長 上田 和夫

1.視察日程

平成30年10月17日(水曜日)~19日(金曜日)

2.視察委員

上田和夫委員長、藤村こずえ副委員長、河杉憲二委員、久保潤爾委員、清水力志委員、田中健次委員、田中敏靖委員、松村学委員、山根祐二委員

3.視察地

千葉県船橋市(人口:622,890人、面積:85.62平方キロメートル)
千葉県柏市(人口:413,954人、面積:114.74平方キロメートル)
愛知県豊明市(人口:69,127人、面積:23.22平方キロメートル)

4.調査事項

千葉県船橋市:英語教育
千葉県柏市:子どもの貧困対策
愛知県豊明市:介護予防・生活支援サービス事業及び地域包括ケアモデル

5.調査概要

■英語教育 (千葉県船橋市)
 国際化社会に対応するため、小中一貫英語教育を指導推進。小学校低学年から英語に興味・関心を持たせ、周囲との関わりの中でコミュニケーションの楽しさを感じるよう指導し、児童にわかりやすく達成感や充実感を味わえる授業を心掛けています。中学校では卒業時までに英語によるコミュニケーションができる生徒の育成をしています。

■子どもの貧困対策 (千葉県柏市)
 「充実した教育が実感でき、子どもを安心して産み育てられるまち」を重点目標に掲げ、貧困対策推進計画を策定。支援が必要な子どもを早期に発見し、アウトリーチをかけ、必要な支援につなげています。また、子どもの居場所確保支援や健全な養育環境確保に取り組んでいます。

■ 介護予防・生活支援サービス事業及び地域包括ケアモデル (愛知県豊明市)
 「豊明団地」をモデル地区とし、市・大学・UR都市機構の協力で開始。市外温泉からの無料送迎バスの運行や購入商品の無料配送サービス等、公的保険外サービス等の創出に取り組んでいます。今後の方向性は、「できるだけ普通に暮らせる幸せを守り支えるために役立つものを探し出す、無ければ創り出す」とのことでした。