ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域型保育事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月3日更新

地域型保育事業

施設より少人数の単位で、2歳までの子どもを預かる事業で、新制度から市町村の認可事業として、創設されました。

対象年齢

0歳から満2歳まで
※原則として満3歳以降は、地域型保育事業者が設定する連携施設(認定こども園、幼稚園、保育所)で保育を行うこととなります。
※事業者により利用できる年齢が異なる場合があります。

利用できる保護者

共働き家庭など、家庭で保育することができない保護者。

利用時間

事業により利用できる時間は異なります。

家庭的保育

家庭的な雰囲気のもとで、少人数(定員5人以下)を対象に、きめ細かな保育を行います。

小規模保育

少人数(定員6人以上19人以下)を対象に、比較的小規模な環境で、きめ細かな保育を行います。

事業所内保育

会社事業所の保育施設などで、従業員の子どもと地域の子どもを一緒に保育します。

居宅訪問型保育

障害や疾患などで個別のケアが必要な場合などに、保育を必要とする子どもの自宅で1対1で保育を行います。

利用手続き

地域型保育事業を行う事業所または市役所で手続きを行います。
詳しくはこちらをご覧ください。