ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子ども・子育て支援新制度ポータルサイト > 保育の必要性の認定、確認に必要な書類

保育の必要性の認定、確認に必要な書類

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月10日更新

保育の必要性の認定や留守家庭児童学級の入級要件の確認を行うにあたり、保育を必要とする事由が確認できる書類が必要となります。
支給認定申請書や保育申請書に次の書類をあわせて提出してください。

保育を必要とする事由

必要書類(基本)

1

就労

雇用されている場合

雇用証明書※2

自営の場合

自営・内職等就労状況申告書※1
事業をしていることが確認できる書類の写し(確定申告書等)

農業、漁業の場合

農業、漁業就労状況申告書※1

2

産前産後

申告書(出産)※1(留守家庭児童学級の場合、申告書は必要なし。母子手帳の写しのみで可)
出産または出産予定日のわかる母子手帳の写し

3

疾病、けが、障害

疾病、けがの場合

疾病、けが、障害状況申告書※1
診断書(保護者の疾病等用)※2

障害の場合

疾病、けが、障害状況申告書※1
障害者手帳等の写し

4

介護、看護

介護、看護状況申告書※1
障害者手帳等の写し(手帳の交付を受けている場合)
診断書(介護、看護用)※2(手帳の交付を受けていない場合)

5

災害復旧

り災証明書

6

求職活動

求職活動申立書兼誓約書※1(保育の必要性の認定用)
求職活動状況申告書※1(留守家庭児童学級用)

7

就学、職業訓練

在学証明書※2

8

育児休業時の継続利用

雇用証明書※2(育児休業の欄にも記載があること)

※1 市の様式があります。
※2 雇用証明書、診断書、在学証明書は、市の様式に記載されている内容が確認できるものであれば、市の様式でなくても構いません。


必要に応じ、上記以外の書類以外の提出をお願いすることがあります。
あらかじめご了承ください。