ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認定こども園

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月3日更新

認定こども園

認定こども園は、幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持った施設です。
また、通園していない子どもの家庭に対しても、子育て相談や親子の交流の場の提供などの子育て支援を行っています。

対象年齢

0歳から小学校就学前まで
※施設により利用できる年齢が異なる場合があります。

利用できる保護者

制限はありません。
※満3歳未満は保育が必要な場合

利用時間

保育を必要としない場合は、昼過ぎ頃までの教育時間になります。
ただし、園により教育時間前後や休業中の教育活動(預かり保育)などを実施しています。
保育を必要とする場合は、夕方までの保育時間のほか、園により延長保育を実施しています。

認定こども園のポイント

  1. 保護者の就労状況に関わりなく、どの子どもも教育・保育を一緒に受けます。
  2. 保護者の退職など、就労状況が変わった場合も、通い慣れた園を継続して利用できます。(3歳以上)
  3. 子育て支援の場が用意されていて、園に通っていない子どもの家庭も、子育て相談や親子の交流の場などに参加できます。

認定こども園のタイプ

認定こども園には、次のような多様なタイプがあります。

幼保連携型認定こども園認可幼稚園と認可保育所が連携して、一体的な運営を行うタイプ
幼稚園型認定子ども園認可幼稚園が保育所の機能を備えて運営を行うタイプ
保育所型認定こども園認可保育所が幼稚園の機能を備えて運営を行うタイプ
地方裁量型認定こども園幼稚園や保育所がない地域の教育・保育施設がそれぞれの機能を備えて運営を行うタイプ

利用手続き

教育のみを希望する場合は、認定こども園で手続きを行います。
保育を希望する場合は、認定こども園または市役所で手続きを行います。
詳しくはこちらをご覧ください。